ここのところ、毎日日本の美味しいところを思い出しながら書いていますが・・・
日本が恋しい!!!
日本てほんとに、美味しいものがたくさんありますね。

さて。
この日は日光で過ごす最後の日でした。
少しずつ荷造りをしつつ、空港に送りつつしていたので、
この日にはもうスーツケースが2つだけ部屋に残るばかりになっていました。
荷造りをする私たちや、荷物をくんくん嗅ぎ回るワンコたち。
彼女たちとももうすぐお別れです。

お昼には、学校勤務時代に一緒に働いていたお友達、彼女旦那さん、息子さんとランチ。
会うたびにすくすく大きくなっていく息子さん。
親友の子供たちと遊ぶときもそうですが、なんだかもう、私は「親戚のおばちゃん」と化してます。
また次会える時にはみんな大きくなっているんだろうなぁ。

夜は、両親と一緒に地元のお寿司屋さんへ。
八百春さんです。
小さなころから、家族の行事があるとお世話になっていたお寿司屋さん。
私は今も昔もお寿司が大好きなので、ここに来るのが楽しみでした。
すぐ下の弟は当時、お寿司が嫌いだったので、向かいのラーメン屋さんで一人で食べたりして。
ラーメン屋さんは私たち家族をよく知っていたので、弟の面倒を見てくれたのです。
そんな思い出のある場所です。

ここで必ず頼むのは、
・酢の物
・茶碗蒸し
そして、

・まぐろのフライ。
にんにく醤油につけたマグロをカラッと揚げ、タルタルソースをつけて食べます。
いつからかメニューに載ったこのまぐろフライ。
我が家の大好きな味。
お客さんが来た時にもここでこれを食べてもらい、
「おいしい!」
と言ってもらえると、自分が作ったように、
「そうでしょ、そうでしょ!」
と言っちゃいます。

お寿司は、それぞれが好きなものだけ頼みます。

IMG_1059
かっぱまきは、私の大好物。
これに、おいなりさんをつけました。

おいなりさんて、おあげに普通に入っているのと、
おあげを裏返しにしてあるのと2種類あるんですが、
私は裏返しのやつが好きです。

八百春のお寿司。
東京に住む友人が、
「築地よりおいしい!」
と言ってました。
海なし県の栃木県ですが、ここのお寿司はネタも新鮮です。

このあと、地元の居酒屋さんに寄り、ここでまたご馳走になり、日光最後の夜が更けていきました。

八百春
日光市今市706