Beauty comes in every shape and form.
(美しさにはいろいろな形がある)

今日、駅でこんな広告があって、
思わず写真を撮りました。


IMG_4523
プラスサイズの女性のオーディション番組の広告です。

キャッチコピーは、
「本物の美しさ、本物のカーヴィーさ」。

もともと欧米では、
ふくよかな女性に対し、
「カーヴィーだね!」
という褒め言葉があります。

やせていると胸やお尻が平になりがちですが、
ふくよかだと、
胸やお尻にまるみがある。
それをカーヴィーと言うのです。

それを見て、以前、

スマートなモデルさん達が
ジーンズを着て、
後ろ姿からの見返りのポーズをし、

「私のカーブ(つまりお尻)を見て」
と言うふうにコピーが書いてある広告が
あったのですが、

それに対してSNSなどで、
「どこにカーブがあるの?
 (真っ平らじゃない!)」
というようなコメントが寄せられているのを
見たことを思い出しました。

アジア圏だとどうしても、

痩せていて、
色白で、
目が大きくて、
胸とお尻はあるけどスマートで、
腰がくびれて、
足がすらっとしていて・・・

例えばこんな感じの、

一定の美の基準があるように感じます。

けれど、欧米では

タイトルの通り、

Beauty comes in every shape and body.
(美しさにはいろいろな形がある)

つまり、どんな体型でも美しい。

という英語表現が定着して久しいです。

セレブの中でも、
自分のすっぴんの写真を載せたり、
未加工の写真で好評を博す下着ブランドがあったりと、
自然な美しさを大切にする流れが始まっています。

私もつい、
自分の中の
「理想の美」と自分を比べて、

あれがだめ、
これが気に入らない・・・

と落ち込むことがありますが、


どんな体型でも、
自分を愛して、
健康で、
幸せで、
笑顔で、
周りにも優しくできる
そんな人であれば、
美しいなぁと
思うのです。