ドイツ、天然生活。

2016年5月から結婚を機にドイツ暮らしを始めました。 ドイツ語皆無の私がどれだけドイツに溶け込めるのか!? ただいま奮闘中です。

2016年10月

大聖堂向かいに見えた通路を抜けると、そこは街の広場。
image

市場がやっていて、人が集まりにぎやかです。
旦那さんが何か見つけました。
image

「このBigos、ポーランドのスープだ」
この看板の1番下、笑顔マークがついているのは、
「おかわりは、にこっとしてくれたらあげるよ」
という意味。
こんなお茶目な看板が気に入って、市場の端に屋台を出していたスープ屋さんに行くことにしました。

image


黒い制服のおじさんは、小銭が種類ごとに収められたケースを肩にかけています。
屋台には、ドラム缶のようなスープ容器。
「ポーランドの方ですか?」
Bigosを頼んだ旦那さんが聞くと、おじさんはにこやかにうなずきます。

プラスチックの容器になみなみと注がれたスープ。
「そっちに、スプーンとナプキン、パンがあるよ」
と言われ、それぞれとって屋台脇に並んだテーブルに移動します。

テーブルを見てびっくり。

image


さまざまな人が、
「美味しい!」
「ありがとう!」
などとサインしてありました。
「すごいね。」
「きっと、『にこっとしてくれたらおかわりOK』って書くほどの優しいおじさんだから、ファンも多いんだね」
と言っていたら、ぞくぞくとお客さんがやってきました。

Bigosは、ザワークラウトやソーセージ、いろんな種類のお肉が入ったごった煮スープ。
軍隊で食べられていたそうで、なるほど、おじさんの制服や、ブリキ缶のようなスープ容器にも納得です。

ザワークラウトの酸味が食欲をそそります。

テーブルの真ん中には、油性ペンがささっていて、
ちょうどいいスペースがテーブルに残っています。
私も日本語とドイツ語で「おいしい!」と書きました。

旦那さんがおじさんに、
「美味しかったです、ありがとう」
とポーランド語で言うと、おじさんはとっても嬉しそうにポーランド語で答えてくれました。

さて、アペタイザーを食べた私たち。
いよいよ本格的にランチを食べるレストランを探しに行きます。

続く


来週火曜日、11月1日は万聖節。
ドイツの会社や学校はお休みになります。
土、日が元々休みなのに加え、火曜日も休みなので、いくつかの学校や会社では月曜日も休みになるところもあります。
旦那さんの会社と私の学校も休みになったので、4日間の連休になりました。

という訳で連休の1日目。
デュッセルドルフから北へ1時間ほど車で走ったところにある、クサンテンの街へ行きました。
クサンテンは、その起源がなんと、紀元前5500年までさかのぼる、古都中の古都。
十字軍の駐屯地として栄え、また度々の戦に破壊されながらも復興を遂げた街です。

街の周りにはきれいに整備された公営の駐車場があります。
そこに車を停め、街に入ります。
image

細い石畳の路上に、三角屋根の可愛らしい家が並びます。
ほどなくして、歴史がありそうな建物が見えてきました。
image

ここは学校のようです。
こんなところで勉強できるなんて、うらやましい。
学校のすぐ近くに、クサンテンの大聖堂があります。
image

街へ向かって走っている時から見えていた大きな塔。
見学したいのはやまやまですが、今はお腹が空いてます。
どこかレストランはないかな?
でも、こんなに静かだし、お店はないんだろうか。。
と思っていると、大聖堂の向かいにある門のような場所の向こうに、広場のようなものが見えました。
image


続く

学校の帰り道、駅への道中の歩道の真ん中にこんなものが。
image

徒歩で郵便を配るための郵便ワゴンです。
中身は空っぽのようだけど、歩道の真ん中に置き去り。。
ワゴンを通り過ぎ、駅の近くまで来たら、後ろから、
「ガラガラー!」と大きな音。
image

横断歩道を、郵便屋さんがワゴンを押しながら走って行きました。

さっきの置き去り郵便ワゴン、この人のだったのかな。

ドイツの代表的料理といえば、ソーセージといも。
それを合わせたのが、カリーブルスト。
フライドポテト、太いソーセージ、そしてケチャップとカレーパウダーを混ぜたソース。
ここにたっぷりとマヨネーズをかける人もいます。
image

これは先日参加した結婚式の食べ物の写真ですが、右にあるのがカリーブルスト。
小さなフォークをつけるのも、伝統。

このカリーブルストは、ドイツのファストフードです。
街にはカリーブルストやフライドポテト単品を売る「ポメス」スタンドが必ずといっていいほどあり、忙しい人々のランチや、そぞろ歩きの軽食にと利用されています。

軽食といっても、そのサイズはかなりの大きさ。
手のひらからはみ出すほどの大きさのお皿に、マックポテトのXLくらいのフライドポテト、太いソーセージが2本分くらい?
お店によっても差がありますが、私にとっては、2回分くらいの食事の量です。
しかしながらドイツ。
この量を1人でたいらげます。
image

横断歩道の向かいにいるこの家族。
みんな1人ひとつカリーブルスト持ってます。

今日は語学学校の先生の誕生日でした。
水面下でお金を集めてプレゼントを買ったり、食べ物を用意したりしてました。
席が隣のイタリア人、カルミネは、1ヶ月位前から毎日、
「こんなケーキを作るんだ!」
と私に構想を話してくれてました。

当日出来上がったのが、これ。
image
パイとスポンジ、カスタードクリームを重ねた台に、マジパンで作った先生の小物。
ケーキを切ってるのが先生。
すごく喜んでました。


 

このページのトップヘ