ドイツ、天然生活。

2016年5月から結婚を機にドイツ暮らしを始めました。 ドイツ語皆無の私がどれだけドイツに溶け込めるのか!? ただいま奮闘中です。

2017年07月

ライン川のほとりに、
野外映画館ができたというので、
行ってきました。

7月終わりから1か月間、
特設の映画スクリーンがたち、
新旧様々な映画がやるんだそうです。

この日は美女と野獣の実写版。
まだ見たことがなかったので、
わくわくして行きました。

昼間は大丈夫だったのに、
出かけるあたりから雨がぽつぽつ・・・
でもとりあえず行ってみよう!
ということで。


IMG_4694
左は川。
目の前が特設映画館です。

IMG_4695
チケットチェックと荷物検査のあと、
会場へ。
カッパを着た人たちがすでに大勢待っています。

客席のわきには、
屋根付きのバー、
スクリーンの前にも飲み物を売っていたり、
他にも売店があったりと、
立派な設備です。

手前の閉じられているいすは、
リクライニングチェアみたいな形に広がります。
たぶんちょっと、高いチケットなのかな。


IMG_4696
映画が始まる前のスクリーン。
広告がありますね。
その目の前にバーがあります。
ここで1ユーロでカッパが買えます。
私たちもカッパを買って着ました。
結構な雨だったけれど、
カッパを着れば服はぬれません。

他のお客さんもほとんど帰らず座っているし、
せっかくここまで来たし、
見て帰ろうということになりました。


IMG_4702
映画の前には下になっていたスクリーン。
10時になって空が暗くなってきたころ、
すーっと立ち上がりました。


IMG_4704
相当数のCMが流れた後、
やっと映画開始!!!

遅くいったにしては前のほうの真ん中の席で見ることができ、
とっても感動でした。

日によっては、
懐かしのミュージカル映画が歌詞付きで上映され、
みんなが歌えるなんていうときもあるそうです。

美女と野獣を見ているときも、
みんな普通にわらったり、いいシーンではため息ついたり。

にぎやかに見ていましたよ。

思えばドイツに来て、うちの外で映画を見たのは初めてです。

初めての映画がこんな感動体験で、
ほんとうにラッキーでした。

チョコがどうしても食べたくてですね。

でも買いに行くのはおっくうでしてね。

うちにココアパウダーがあったので、
それでなんとかしようと思ってですね。

そうしたら、できました。


IMG_4681

チョコペースト!!!
市販のものに負けない美味しさ。
なのに、ヘルシー!!!

材料
ココアパウダー(無糖)大さじ3
はちみつ 大さじ2
水少々

作り方
ココアパウダーとはちみつを混ぜる。
そこに水をすこーしずつ加えながら、
お好みの硬さになるまでよーく練る。
テリが出て、材料がよく混ざれば出来上がり。

です。
甘さもはちみつの量でお好みに調整できます。

ナッツにつけたり、
パンにつけたりできます。


この間の日曜日、
どうしてもアイスが食べたくて。。。
家の冷蔵庫に入ってないし、
スーパーは日曜日だからしまっているし。

というわけで、
近所のガソリンスタンドに行きました。
IMG_4647

ぱっと見は日本と変わらないですが・・・
IMG_4648

入り口に花束。
たぶん仕事帰りに給油しに来た殿方が、
奥様や恋人、母親にちょいとプレゼントに
買えるようになっているのでしょう。

そして店内。
IMG_4649
大きな冷蔵庫には
キンキンに冷えたビール!!
そうです、ドイツのガソリンスタンドにはアルコール類が売っています。
IMG_4650
レジわきにはあたたかいパンまで。

コンビニがないドイツ。
ガソリンスタンドがその役割を果たしているんですねー。
IMG_4651
無事にアイスを買ってうれしい私。



今日から、新しい日本語の生徒さんが来ました。

フランス人の男性で、
デュッセルドルフ市内のフレンチレストランで働いています。

ルームシェアのパートナーが日本人なのと、
日本にワーキングホリデーで行きたいという希望があるので、
日本語を学びたいと来てくれました。

もともとはITのエンジニアの勉強をしていたそうなんですが、
料理への情熱に目覚め、
自身の地元料理であるガレットを焼いているそうです。

英語が堪能なので、
同僚のウェイターが英語の接客で困ると、
彼が即席ウェイターになることもあるんだとか。

独学で漢字もいくつか学んでいて、
やる気がまんまんなのが目に見えます。
でも素直に授業を受けてくれて、
この人はぐんぐん伸びるなぁって
初回レッスンで感じました。

靴を脱いだら、あざやかな青とピンクのちぐはぐの靴下。

「ペアの靴下なの?」
と聞いたら、
「いや、そこらへんにあるのを適当に取ったんだ」
とのこと。

お茶目さんのようです。

今日はそのレッスンのあとに、
ドイツ人の生徒さんもレッスンもあって、

「今日から新しいレッスンって言ってたよね、
 フランスの人はどうだった?」
と聞いてきました。

彼との相性も良さそうなので、
そのうちに二人を家に招待して、
みんなでご飯食べてもいいなって思っています。


このあいだおばあちゃんのところに行ったときに
出てきたメイン。


IMG_4565
ズッキーニのグラタン!

テーブルセッティングをお手伝いしているときから、
家中においしい匂いが立ちこめていて、
とっても楽しみだったこのお料理。

すごくおいしかったので、レシピを聞きましたよ。

材料(6人分)
ズッキーニ 6本
ハム もしくは太めのソーセージ 300g
生クリーム 200ml
モッツァレラチーズ 200g
パルメザンチーズ ひとつかみ
にんにく 2かけ
乾燥バジル 適量
塩コショウ 適量
小麦粉 適量

①ズッキーニは7mmくらいの輪切りにする。
②お皿に小麦粉をしき、そこにズッキーニを載せる。
 小麦粉が接してない面に塩コショウを振り、ひっくり返して小麦粉をつける。
③フライパンに油を熱し、ズッキーニにいい感じの焼き色がつくまで焼いて取り出す。
④耐熱皿に角切りにしたハムを敷く。
⑤その上に薄切りにしたにんにくと、乾燥バジルをちらす。
⑥さらにズッキーニを敷く。
⑦パルメザンチーズをおろし、生クリームと合わせてどろっとするまで混ぜる。
⑧⑦を耐熱皿に流しいれ、さらにモッツァレラチーズをちらす。
⑨200度のオーブンで25分から30分、焦げ目がつくまで焼く。

おばあちゃんのレシピなので、
適量、が多いです。
乾燥バジルは大匙4から5くらいかなぁーと思います。

ソーセージは、魚肉ソーセージみたいな触感のやわらかいもの。
でもご贈答用の大きなハムとかでも代用できると思います。
塩気の少ないものがいいかなぁ。

ズッキーニがおいしい季節に食べてほしい料理です(#^^#)

このページのトップヘ