ドイツ、天然暮らし。

2016年5月から結婚を機にドイツ暮らしを始めました。 ドイツ語皆無の私がどれだけドイツに溶け込めるのか!? ただいま奮闘中です。

2018年04月

夜はこれまた地元の人が行くお店に
お友達が連れてってくれました。


IMG_9642
写真の奥が入り口。
入り口は和割烹みたいな暖簾がかかってるんだけど、
中は純喫茶みたいな内装。

黒光りする木のカウンターが
さらに奥にしつらえてあります。

ここはお友達が同僚の方と
よく来るところなんだって。

いろんな種類の日本酒がありましたっ。


IMG_9643
ます酒の、
下にこぼれてるところが好きです。

お友達がよく頼むもの、
熊本っぽいもの、
いろいろ頼みました!

IMG_9644
ねぎのぐるぐるー


IMG_9645
厚揚げ!


IMG_9646
馬の背中の肉


IMG_9647
からしれんこん


IMG_9648
馬肉の炒めたの
しっかりしたお肉!

IMG_9652
きびなごの酢漬け

IMG_9653
馬のレバー
(レバー嫌いなんだけど、
 これは変な臭みがなかったです!!!)


IMG_9654
最後にごまたーーーーーーーーーーっぷりの
おじや!!!!!!


途中ね、

IMG_9649
お父さんの密造酒っていう名前の
お酒飲みました。

瓶詰めしても発酵し続けるらしく、
栓が和紙と杉の葉なんです。
こういうの、たまらない。


IMG_9651
どぶろくです。
どぶろく大好き。

こうしてたらふく食べたわけなんですけど、
お友達が
「おいしいケーキやさんあるから!」
って連れてってくれました。

IMG_9658
スイス。
熊本で最初の洋菓子店なんですって。
ここは半外のテラス席があって、
不思議に素敵な雰囲気。

IMG_9661
日本らしい、
かわいらしい見た目のケーキ!
一番下の赤いのが一番好き!


お友達がたくさん
ご馳走してくれて、
本当にありがたかった。
次はもっとお土産持って、
長く滞在したいところです。


ねぎぼうず
https://tabelog.com/kumamoto/A4301/A430101/43001918/

スイス
http://www.s-swiss.com/









さて、
鹿児島でシロクマと
お昼(黒豚のカツ食べましたー!)
を食べ、

熊本への新幹線に乗りました。

ここには
旦那さんのドイツ留学時代を
ともに過ごしたお友達がいます。

熊本も、路面電車が走ってて、
いい感じでした(#^.^#)


熊本城は
地震の復興の最中です。


IMG_9615

本当は石垣の上に
白い塀がのっていたんですって。


IMG_9631
修復中のお城。


IMG_9617
築城を任されていた
加藤清正。

彼の神社も熊本城の傍にあります。

IMG_9620
まだまだ入れないところもたくさん。

この道は桜並木で有名なんだそう。
本当は危険だから入っちゃいけないんだけど、
桜の季節だけは開放してたんですって。

そういう心意気って好きです。


熊本城から見下ろせる場所に、
「城彩苑」という
博物館兼商業施設があります。


そこで旦那さんのお友達が働いています。


商業施設の方は、
昔の建物を模した小さな町のようになっていて、
熊本中の有名店が立ち並んでいます。

IMG_9622
玉ねぎのさつまあげ!



IMG_9624
タンカンジュースを
お友達のお母さんが買ってくれました(#^.^#)

博物館には、
熊本城が地震の時にどう崩れたかっていうのを
プロジェクションマッピングで紹介してくれたり、

熊本城の歴史を
映画のように見せてくれたり、

着物を着て写真を撮ったりするブースなど
盛沢山です。


IMG_9629
レゴデザイナーの人が作った熊本城。

こういうのって特注のパーツで作るのかと
思いきや、

全て普通に売っているパーツで
作るんですって。

天才。


博物館の見学が終わって、
再び
商業施設の方へ。

IMG_9634
白玉粉のワッフル!

IMG_9637
ウニコロッケ。

IMG_9640
これでもかーってウニが入ってる!!

ここに来れば、
熊本のおいしいものを
一遍に食べることができます♡


城彩苑
http://www.sakuranobaba-johsaien.jp/







感動のしゃぶしゃぶから一夜明けました。
この日は午後
鹿児島から熊本への飛行機に乗る予定。

午前中は鹿児島を散策しました!

まずは、
桜島を遠くから眺めるために、
山に登ることに。

鹿児島は路面電車が走ってるので、
車道が広くていい感じです。

山に向かって行く道の先に、

何やら鳥居がありました。

IMG_9597

ここは島津斉彬を祀る神社。


IMG_9602

斉彬さんが
どれだけすごいのかっていうのが
この神社の脇に説明がされていて、
ホントにすごい人なんだっていうのが
分かりました。


IMG_9610
神社の近くには
立派な公民館があって、
(左に見える方ね)
ノーベル賞を受賞した方の
素敵な言葉が。

なんか、
九州の人って
芯があってかっこいいなぁー。

さて、
天文館に戻ってきました。


IMG_9611

所々に
星座があります。

鹿児島と言えば、


IMG_9613

ただのかき氷でしょー。

って思ってたら。
おいしかったですよ。

なんか、

ヤクルトみたいな、
ヨーグルトみたいな
甘酸っぱいシロップが
だーっとかかってて、

こういう目の覚めるような
四角いゼリーも大好きだし。

暑かったのもあって、
とってもおいしく食べられました(#^.^#)

天文館むじゃき
http://mujyaki.co.jp/

さてさて、
ものすごく濃い一日を過ごしました。


次の日はー。
旦那さん二日酔い笑
10時くらいまで起きてこなくて、
のんびりスタートです。

その間に長男くん、
人生初めての厚焼き玉子を
お母さん(お友達)と作りました。

おいしかったぁ。




この日も
長男くんと長女ちゃんは
保育園をお休みしてくれて、
私達に付き合ってくれました。

近所でラーメン食べて、
(そのラーメンが、
 味噌なのか、醤油なのか、
 とんこつなのか、
 分からないんだけど
 とにかくおいしかった)

近所の浜で遊んで、

ちょっと昼寝して、
のんびり島をドライブしながら
(途中次女ちゃんを保育園で
 ピックアップして)
空港まで送ってもらいました。


途中、

IMG_9587

陸の中の海っていう
不思議な場所に行きましたー。

IMG_9581
階段を下りて行って、

IMG_9583
こんなすごい
がじゅまるを見つつ、

さらに行くと、

IMG_9582
こんなとこがあるんですよー。

海のところは
なんだか恐ろしいような雰囲気だったので、
写真は撮ったんだけど、
載せるのは憚られました。

(長女ちゃんは
 怖いーって言って
 近づけなかった。
 私もほんとは怖かった(;^_^A)

神聖なんだろうか、
なにかいるんだろうか、
畏れ多い感じでした。


この場所、
お友達も行ったことなかったんだって。

徳之島って
ほんとに奥が深いです。





空港で
おいしいおいしい
タンカンのアイスを食べて、


そのうちに

お仕事帰りの
お友達のご主人も駆けつけてくれて、

家族総出で
飛行機が飛び立っても
お見送りしてくれて
すごく嬉しかった。





ほんとは、
徳之島から熊本まで
船で行くはずだったのを、
ドイツを出る前に
飛行機で鹿児島経由で行くっていうのに
旦那さんが変更してくれてたんですよ。


もし変更してなかったら
夜通しフェリーだったんですよ。

考えるだに
恐ろしいですよ。

マイルが貯まっててよかった。
ほんとによかった。






で鹿児島!!!

夜です。

天文館っていう、
昔暦を作る機関があったところが
繁華街になってるところにある、

IMG_9588
万十屋さんというところに
お友達おススメということで行きました。


例によって移動疲れの私、
(コンタクトをフェリーでなくして、
 旦那さんの弱めの使い捨てコンタクトを
 付けてたら、頭が痛くなってしまって笑)

「しゃぶしゃぶなんて・・・
 肉をゆでたやつ・・・
 そんなの食べなくてもいいや・・・」

って思ってたんですが、

IMG_9590
石鍋に入った
昆布とショウガ

IMG_9591

お肉の登場

ここまでは
そんなでもなかったんだけど、

一口お肉を食べたらば、

「うおおおおー」ってなりまして、

あとは夢中で食べました。





お肉がね、
とろけるんですよ。
ほんとに。

たれも、

ごまだれに自家製ラー油
ポン酢にねぎ、もみじおろし

っていうたまらない2種を
交互につけててですね。


夢中で食べました。


しゃぶしゃぶに感動する日が
来るなんて、
この日まで思っていませんでした。





最後に麺がついてくるんですが、
うどんとちゃんぽんだったかな?

「地元のものを!食べる!」

って決めてたので
ちゃんぽん。
(長崎だけどね、
 でも近いから)

IMG_9595

お肉や野菜のエキスが浮いている出汁!

これをごまだれやポン酢の
たれに少し加えて食べたら。

もー。

「もう一回しゃぶしゃぶと野菜と
 麺ください」

って言いそうになりますよ。

お腹いっぱいなのに
もっと食べたくなるんです。

すごく危険です。




旦那さんも

「帰りに
 九州ラーメン食べたいな」

って言ってたけど、

「この麺が食べられたからいいや」

って言いましたからね。

満足度がお分かりいただけると思います。


鹿児島に行ったらぜひ、ぜひ。
何はなくとも
こちらで食べた頂きたいです。

万十屋
https://tabelog.com/kagoshima/A4601/A460101/46000939/





さてさて。
徳之島の1日はまだ続きます!


お友達が、
この島でダイビングを教えたり、
エコツアーガイドをしたりしている方に
海岸ツアーを予約してくれました。

台風の影響
(私が船酔いした原因のやつだと
 思われます)
でいつもと海の様子が違う、
ということで、

わざわざ下見をして
別のコースを案内してくれるそうです。


ツアーは

「みなさん、海岸って
 どこから始まると思います?」

という質問から始まります。


いろいろとみんなが答えを言う中、
ガイドさんは、

「植物を見れば分かるんですよ」

と!

海岸に生える植物は、


IMG_9529
弾力があって、
みずみずしいものが多いんですって。

水を蓄えて、
ちょっとやそっとじゃへこたれない植物だけに
なったら、
そこからが海岸、だそうです。

IMG_9533

台風などで一部が枯れても死に絶えないように、
こんな風に芝生みたいな、
根がどんどん伸びて広がる植物も
海岸には多いです。

IMG_9539

真ん中あたりの、
石が集まっているあたり。

川が流れ込んでいる場所です。


徳之島はサンゴが隆起したり
沈んだりして出来上がった島なので、

地面の地層の上に
サンゴの地層が乗っかったりしてできたのが
よくわかる石があったりしました。

IMG_9540
上がサンゴで、
下が普通の石。

一度海面に出て、
普通に堆積して地層になったのが
また海に沈み、
その上にサンゴができた・・・

すごいですねぇ。



IMG_9534

歩いてると、
サンゴがたくさんある場所に来ました。

こういうの見ると、

「ああ、海から打ちあがったのね!」
って思いますが、
違うんですって。


昔々、
この海岸も海だったときの、
名残。

昔々のサンゴなんだそうです!


だから、
このサンゴは取って行ってしまったら
もう増えないんですって・・・


「きれいだな」って思って
拾ったサンゴ、

「ああっ、それじゃあ
 持っていったらいけないんですね!」

と返そうとしたら、

「ま、そうなんですけど、
 すこーしなら、大丈夫ですよ」

って言ってもらえました。


さらに歩いていくと、

IMG_9537

こんな感じで、
砂浜に薄い跡がついてます。

これはやどかりの足跡。
夜になると草むらから出てきて、
海岸を歩くんですって。

そんな夜行性のやどかりくん。

IMG_9542

見つかりましたー。

ときどき、
自分には小さすぎるカラを背負った
やどかりくんもいました。

それから、
砂浜に点々と穴が空いてたんですけど、
それはカニが住む穴なんですって!

もうカニがいない穴もあるんですけど、
いくつか掘って行ったら、

IMG_9543
こんな真っ白なカニが!

しばらく見て、
砂浜に穴を掘って戻してあげました。

IMG_9546
雄大な景色です。

歩きながら
貝を拾って、

IMG_9556
家に帰ってきて並べる
長女ちゃん。


この日の夜は、
一家で町の居酒屋に行き、
ご飯を食べ、

帰ってきて
旦那さん方は
しこたま飲んでましたー。


すごい濃い一日でした!!!!

付き合ってくれた
お友達と家族に、
本当に感謝です。













このページのトップヘ