ドイツ、天然生活。

2016年5月から結婚を機にドイツ暮らしを始めました。 ドイツ語皆無の私がどれだけドイツに溶け込めるのか!? ただいま奮闘中です。

2018年06月

クロイツベルク地区を歩いて、
今日のランチの場所へ。


IMG_0848
大きなテーブルでグループ客が
楽し気にご飯を食べてます。

ここには大きなプレイグラウンドがついていて、
近所の子供たちも遊べます。
また、屋根のついたビアガーデンも完備。
私たちが行った時にはほぼ終わってましたが、
ブランチブッフェをしてました(#^.^#)

ここで会うのは、
旦那さん→大学の先輩家族
私→アメリカの語学学校の友達。
お互い再会のお友達同士といっぺんに会います。

語学学校時代の友達は
トルコから来ていた人で、
語学学校に通い始めた時は全く英語が
話せなかったのに、
あれよあれよと無欠席で一番上のクラスに来た人。

ドイツでも
最初はドイツ語が全く話せなかったのに
これまでの学歴があったので
大学院に迎えられ、
半年でドイツ語を学んで
1年半で大学院を卒業したという・・・

食事の場でも
ドイツ語をすらーっと話してました。
すごい努力家なんだとも思いますが、
ほんとにすごい人だなぁと改めて思いました。

奥さんはドイツの人。
でも英語が堪能なので、
彼と彼女共通の研究テーマである
考古学についていろいろと話せて楽しかったです。

やっぱり言葉が通じるって嬉しい。

食べたもの。


IMG_0850
ドライトマトのパスタ


IMG_0851
チーズのサラダ


IMG_0852
カリーブルスト。

私は初対面だった
旦那さんの大学の先輩も、
大学院を出て大学で働いていた方。
これからのキャリアについて
ちょっとだけ話すことができました。


皆さんすごいです。

私も頑張らなきゃ・・・

二家族とも
2、3歳の子供がいて、
それぞれに性格がちがって、
2歳の男の子は初めてケーキを食べて、
一心不乱に食べていて、
見ていてとっても楽しかった(#^.^#)


Brachvogel

カティアさんと
ボリューム満点の朝食を食べた後、
歩いて次の場所へ行きます。

街の中を歩いていきますー。


IMG_0838
ベルリンでも
Kreuzberg地区は旧西ベルリンの街。
壁のあった歴史もあり、
当時ドイツの人は壁の近くに住みたくなかったため、
その影響で今でもトルコの人が多く住んでいるんだそうです。

バーやカフェも遅くまで開いていて、
怪しげなお店もたくさん。
落書きもたくさん。

でもにぎやかな通りから1本入ると
緑が茂る静かな住宅地があったりして、
なんだか不思議な地区です。


IMG_0840
トリンクハレ。
(ドイツのコンビニみたいなところ)

デュッセルドルフのトリンクハレは
飲み物と軽食が売っていて、
場所があればちょっとしたテーブルがある・・・
という簡素な造りですが、

ベルリンのトリンクハレは
座って休む、楽しむというのが主のようで、
こんな風に大々的なスペースがあります。

お店の外にテレビがあって、
ちょうどワールドカップもあったので、
夜中まで若い人たちがたむろしている様子を
見ることができました。


IMG_0841
立派な教会です。

建物の右下部分に黄色い旗が見えますか?
なんと教会の中にカフェがあるんだそうです。
まだ開いてなかったので中をのぞくと、
意外と中はちょっと昔の公民館のような風情になってて、
そこにまた、
公民館の備品のような机といすが並んでて、
それでカフェスペースになっているみたい。
でも、教会の1階左部分には
意外と本格的なキッチン設備が見えたので
(ぐるっと覗いたんです笑)、
おいしいものが頂けるんじゃないかとわくわくしました。


IMG_0842

運河に出ました。

大きな白鳥が列を作ってゆうゆうと
泳いでいました。

川の向こうにはまた、
落書きだらけの不思議な建造物が見えます。


ベルリン滞在2日目の今日は、
この後旦那さん、私ともども
何年振りかの再会!というお友達と
ご飯を食べるのです。

続きは明日ですー。

バービー人形がたくさんいた
バービーバーでの
バースデーパーティから一夜明けて、
朝です。

バースデーガールのカティアさんから
朝ごはんへのご招待があったので、
行ってきました。

Kreuzberg地区にある
Mokkabarです。

朝10時、
約束の時間ちょうどに
バーに着くと、
カティアさんも自転車でやってきました。


既にお店はほぼ満杯。

IMG_0827

夜も雰囲気良さそうなバーです。
カウンターの手前にクッションが
たくさんあるのは、
この日も雨で
テラス席が作れなかったからと
思われます。

ここの売りは
豊富な朝食メニュー。

イギリス風、
フランス風、
スカンジナビア風、
トルコ風、
アメリカ風など

各国の朝食から、

ベジタリアン
甘いモノが食べたい人

など志向に合わせたメニューもあります。

私と旦那さんは
トルコ風と
スカンジナビア風を頼みました。

これは、
お隣に座ったドイツの方の
ブランチセット。
ものすごいボリューム。

IMG_0828


そして、トルコ風。
フルーツに
野菜にとてんこ盛りのプレート

これにさらに、

IMG_0830
目玉焼き2こに
トルコ風ソーセージとハム!!!

このソーセージとハムが
スパイスが聞いていて
とってもおいしかった。

次は私のスカンジナビア風。

IMG_0833
これもまた
真ん中にスモークサーモン、
左にエビのスクランブルエッグに

沢山のフルーツ!

とても食べきれません。
でもフルーツがたくさんだからか、
お腹にもたれずおいしく食べられました。

テーブルで唯一、
旦那さんだけが完食。

もう少し量が少なくてもいいのかなぁって
思いました。

そうしたら、
食べ物の無駄が減るかなぁって(;^_^A

こんな風に見た目がよく、
さらに盛りもよく、
そしてリーズナブル
(それぞれせいぜい10ー15€台でした)
なのは
他にはないそうです。

このレストランは
近所に欲しい。

MOKKABAR





週末ベルリンに行ってきました。
元大家さんのギゼラおばあちゃんの娘、
カティアさんが50歳のお誕生日で、
そのパーティに出席するためです。

ドイツでは年が次の年代に上がる時、
大きなパーティーをするらしいです。
しかも、
誕生日を迎える本人が、
周りをもてなすのです。

ドイツで誰かのお誕生日パーティーに行くのは
初めてなので、
ワクワクしながら行ってきました。

まず、
空港会社のストで
乗るはずだった飛行機に乗れず、
デュッセルドルフからベルリン直行便だったのを
時間も遅れたうえに、
別航空会社の、
デュッセルドルフーミュンヘン
ミュンヘン―ベルリン
という乗継便で行くことになりました。

変更後の航空会社は
添乗員さんやグランドホステスさんも
いい人だったし、
ミュンヘン空港ではおしゃれな雑貨屋さんを
覗くことができて、
まぁ良かったと思います。

ただ、ほんとなら1時間で行けるところを
乗り継ぎ街も含めて
4時間くらいかかったのは疲れました・・・

さて、ベルリンです。


IMG_0814
今回はホテルではなく、
民泊Air bnbを利用することになりました。

パーティーのあるのは
Kreuzberg地区。
宿も同じ地区にしました。

立派な教会がありました。


IMG_0930
民泊のあるアパート。

Altbauと呼ばれる、
築年数が長いアパートの一室です。

民泊のホストさんも同じ部屋にいて、
ベッドルームの1つが私たちが泊まるところ。
お風呂やトイレ、キッチンはホストと共有です。

IMG_0816 (1)
ベッドルーム。

街中なんですが、
通りに面していない部屋なので、
とっても静かでした。

壁がレンガむき出しで、
雰囲気があります。

飛行機の時間が遅れたのもあり、
少しだけ休憩してすぐパーティーです。

IMG_0821
ベルリン名物、
信号機はアンペルマンです。

IMG_0822
ベルリン市内では
二階建てバスをよく見ました。
観光用じゃなくて、普通の公共交通機関みたいです。


パーティーは
バービーバーというところが会場。

2018.Juni_180626_0354
バービーがいたるところにいました。

2018.Juni_180626_0348
実はここはゲイバー。

色んな性志向、思想のあるお友達がたくさんいて、
面白いパーティーでした。

2018.Juni_180626_0355
ケータリング。

懇意にしているイタリア食材店のモノで、
チーズや野菜のお料理が絶品!!!!
ケーキはギゼラおばあちゃんたちが
4種類くらい焼いたそうで、
おいしかった!
(ギゼラおばあちゃんのケーキは、
 砂糖断ち中でも食べます)

招待客は
お誕生日にプレゼントやお花を
持ってきますが、
誕生日を迎える人が何か欲しいものがある場合、
「カンパ」という形で
お金をあげることもあります。

カティアさんも
パーティーの招待メールに
自転車が欲しいからご協力ください。
と書いていたので、
じゃあ、お金をあげようということで、

2018.Juni_180626_0236
こんなのをあげることにしました。

お友達の協力を得て、
ワイヤーで自転車を作り、
そこにお札を組み込みました。

下は和菓子の入ってたかわいい箱で、
中にバースデーカードが入ってます。

カティアさん、
とっても喜んでくれました(#^.^#)

6月も下旬と言うのに
冷たい雨と強い風で帰りが大変でしたが、
行ってよかったなぁーと思えるパーティーでした(^^♪








語学学校時代の友達に
長いこと会ってないので、
会うことにしました。

一番長く会ってなかった人は2年!
語学学校に行かなくなって
それくらいたつということです。

IMG_0799

場所はモロッコレストラン。
お友達の一人がモロッコの人なので、
いろいろ教えてもらおうとここにしました。

デュッセルドルフHBF駅の、
VHS側に出て歩いて行ったところ。
今まで来たことのない界隈です。

このあたりはモロッコの人が多いんだそうで、
モロッコのパン屋さん、お菓子屋さん、
食堂、
カフェ、
レストランが集まってました。

レストランは小さくて、
予約ができなかったんですが、
外にちょうど参加者8名+赤ちゃん1名が座れる
テーブルがありました。

テーブルの上には

IMG_0800
小さなタジンみたいな容器。
ここにはレッドパプリカ、クミン、塩が入ってます。
これがモロッコのちょい足しスパイスなんですねぇー。

IMG_0792
最初にフランスパンとこれが出てきました。

ひよこ豆のペースト、
オリーブ、
ソラマメの炒め物。

ソラマメ、スパイスがきいておいしいです。

モロッコ伝統の料理じゃないみたいですが、
すごくおいしくて、
皆でぺろりでした。

メイン。
IMG_0795
私達は
牛肉のタジンと

IMG_0796
ミックス焼きにしました。

炭火で焼いてるみたいで、
とっても香ばしかった。

付け合わせのポテトとサラダもおいしかった。

最後にミントティーも。
砂糖たくさん入ってますがリフレッシュする味でした。

帰り際、モロッコのお友達夫婦が界隈を案内してくれ、

IMG_0801
お菓子屋さんでフランスの影響を受けた
ミルフィーユみたいなケーキをご馳走してくれました。

La Grilladine






このページのトップヘ