ドイツ、天然暮らし。

2016年5月から結婚を機にドイツ暮らしを始めました。 ドイツ語皆無の私がどれだけドイツに溶け込めるのか!? ただいま奮闘中です。

2020年03月

3月22日にコロナに関するルールが出されて、
とりあえず外出禁止ではないということになりました。


レストランやカフェは持ち帰り、宅配のみ。
一般の店および、
マッサージや美容院など体を触る必要のあるものは営業停止。

3人以上で集まったり、
屋外でピクニックなどをすると罰金がとられます。


イタリアなどでも窓から歌を歌ったり
楽器を演奏する様子が報道されてますが、

ドイツでもSNSで
「22日18時に第九を演奏しよう」と呼びかけがあり、
その様子がニュースで流れました。


FullSizeRender

デュッセルドルフでも、
どこかの通りで子供から大人まで歌や楽器を披露していました。

きちんとお互い既定の1.5m間隔を保っています。

ドイツに来て、
「日本よりお互い声をかけたり、
 お隣付き合いがあったりしていいなぁ」
と思っていたので、
お隣さんとその話をしたとき
「いや、でも昔に比べたら全然なくなったよ」
と聞いてびっくりしたことがあったのですが、

この状況になって
またお互い声を掛け合い、一緒のことをしたり、
助け合ったりする姿勢が見えてきたのかなと思います。

先が見えない今の世の中ですが、
この時だからこそ気づけること、
感謝できること、やり直せることがたくさんたくさあると
思っています。

絵日記まとめですー。

IMG_1519

赤ちゃん8か月になりました!
もう赤ちゃんというより子供という風情です。

IMG_1520
空になったスーパーの棚とか、
必死で買い物する人の様子をSNSに上げたりする人もいますが・・・
あるものはあるし、
穏やかなところや人は穏やかなんですよね。



コロナ関係で、公園が閉鎖になりました。

IMG_1516


IMG_1476


遊具がこんな感じでテープが張られたり、
我が家から見えるサッカーコートの入り口にも入れなくなってたり。

最初はそのテープを破って遊ぶ人もいたけど、
さすがに先週末から人がぐっと少なくなりました。

公園自体は林と原っぱだから、
テープの張りようがなく、
散歩する人がちらほらいます。


IMG_1518

一緒にご飯を食べたりおやつを食べたり、
ホームオフィスっていいなと私は思っています。

IMG_1517

ということを考えました。

IMG_1521

英語レッスンの生徒さんがコースを修了されました。
最後にこう言っていただけて本当にうれしかったなぁー。







この間の日曜日に、
デュッセルドルフは
レストラン・カフェの営業を
持ち帰りのみに制限しました。

元々今週金曜日に結婚記念日だった私たち、
日本食を食べに行く予定にしていたんですけど、
レストランが営業停止になるか、
もしくは制限付き営業になるかもしれないと
予想していたので、
先週土曜日にランチを食べに行きました。

元々このなごみというレストランは、
ディナー営業しかしてないんですけど、
少し前から飲食店は18時までの営業になってしまってたから、
ランチをやるようになっていました。

旦那さんはちょくちょく飲み会で行っていて、
お土産で私にお寿司を持って帰ってきてくれてたのだけど、
私自身がお店で食べるのは実に2年ぶり!!!!

食べたかったお寿司を頼みましたー。


IMG_1475
おいしかったなぁー。


店内はお客さん同士の距離を置くために、

IMG_1472

いつもより余裕のある配置になっていた気がします。

この時はまだお客さんがあまりいなかったけど、
続々と入ってきて、ほぼ満員になってました。

営業制限は飲食店だけではありません。
美容院やマッサージなど、
体に触る必要のあるものは
感染の可能性のある距離に入ってしまうため
営業停止になったりしています。

この処置はとりあえずイースター休暇の終わり、
4月19日まで行われるそうです。

1か月の営業制限。

大好きなお店たち、
がんばってほしいです・・・・!!!!!

他の州でだんだんと、
外出禁止令が出たり、
お店の営業制限が出たりしはじめ、

22日日曜日に
デュッセルドルフのある州の
基本的なルールが発表されるということもあり、

「たぶんここも外出禁止になるのではないか」

「国境も閉鎖されているし、
 食材が入ってこなくなるのでは?」

という憶測が飛び交って、


以前から品薄だった小麦粉、
パスタ、砂糖などが一時補充されたのが
またなくなったり、

今度は卵などに売り切れが波及したりして。

土曜日午前中に
旦那さんが買い物に行ってくれたんですが、
いつものスーパーが入場制限を始めていて、
一度に2,3人しか入れなくなっており、
通りの方まで行列があったんだそうです。

いつも鶏むね肉を買うトルコ系の食料品店も
「肉の配達がないんだ」と、
ほぼ空っぽの状態だったそうで、

【あるのは丸ごとチキンのみ】と
旦那さんから連絡が入ってきました。


週末になるし、
いつもは閉まっている日曜日もスーパーがやる、
という話も出ているけど、
とりあえず動物性たんぱく質は欲しいなと思っていたので、
(我が家は買いだめしてないので、
 通常通り、週末に近づくと冷蔵庫が空になってきます)

「丸ごとでもいいから、買ってきて」

と頼みました。


さぁ、
この丸ごとチキン。
どうする???


本当はトルコ屋さんでいつも買っている鶏むね肉で
新しいレシピを試したかったんだけど、
目の前にあるのは丸ごとのニワトリさん。

容量が全然違うけど、
基本は一緒かな!?と
そのレシピを応用してやってみることにしました。


ぬるま湯4、塩1の割合で作った溶液にチキンを浸し、
2時間から6時間待ちます。

取り出して水けをふきとり、
全体にオリーブオイルを塗りこんだ後に
好きなスパイスやハーブを擦りこみます。

(今回はローズマリー、タイム、
 ガーリックパウダー、カイエンペッパーちょっと、
 黒コショウ)

175度に熱したオーブンで45分。
(丸焼きだから、この温度、この時間。
 本来はノンフライヤーで10分、
 5分でひっくり返して焼くというレシピでした)

IMG_1478

こんな感じで出来上がりました。

ついでだから、お芋もオリーブオイルに絡めて一緒に焼いた。


なんだかクリスマスみたいー。

お家にこもり切り、
なんだか暗いニュースが多い中、
ほしいものがなかったりしても、
こういう風に楽しむことはできるよねぇー。

って改めて思いました。


しかも丸ごとチキン、3ユーロくらいしかしなかったそうですよ。

IMG_1479
うまいうまいと食べました。

翌朝も、クリスマスの朝みたいな感じで、

IMG_1486

夜ご飯のチキンの残りをパンにはさみました。
これはね、粒マスタードとマヨネーズと、
野菜があるとほんとにおいしいですよー。


このパンは冷凍で、
食べるときにオーブンで焼くやつ。

普通のパンは売り切れてることが多かったんですけど、
この冷凍のパンは普通に売ってた。


「これが欲しい!」
っていうのがあって、それがないと、

「ああーどうしたらいいんだ!!!」

ってなるけど、

「じゃ何があるんだ?」
「これでどうしよう?」

って思えれば、
不足を感じることが少なくなるなぁと
思いました。


しかもいつもより豪華な気分になれたし笑


今回のレシピは、
小さなお肉なら、フライパンで焼くのもありかと
思います。

お肉にしっかり味がついて、しかもジューシーになるので、
おススメです(#^.^#)

赤ちゃんが
ちょっとだけ手が掛からなくなってきて、
お菓子を作る時間や余裕が出てきました。
ちょっと思うところがあり、
この3週間、
ケーキを焼いて旦那さんの会社に
持って行ってもらってます。

最初の週は、
チョコのパウンドケーキ。
IMG_1217

次の週は
ブルーベリーとココナッツのパウンドケーキ。
IMG_1319
マフィン型にも流して、
私の味見andおやつに。

IMG_1316
IMG_1317
ココナッツフレークの食感がいい(^^)
レシピ


そして3週目は
バナナと小麦胚芽のケーキ。
IMG_1430

これも私のおやつ。
(アヒルは赤ちゃんのおもちゃ)
IMG_1432
バナナケーキは
焼いているときの香りが最高!

レシピ

あと、
このところ毎週焼いている
小麦胚芽のクッキー。


IMG_1424

バター40g
砂糖40gをよく練り混ぜ、
溶いた卵を少しずつ混ぜ、
小麦粉70g小麦胚芽70g、
チョコチップ大さじ3をさっくり合わせて、
オーブンシートにスプーンで落として
平らにし、
クルミやブラジルナッツを砕いたのを埋め込んで
175度で20分。

これが美味しいんです(^^)

このページのトップヘ