絵日記まとめです。


IMRK3625
7月15日、赤ちゃんが生まれました。
無痛分娩のはずが時間がかかりすぎて
最終的に帝王切開になりましたが、
元気な赤ちゃんが生まれてきてくれて一安心!

ドイツの病院のごはんがなかなか衝撃的でした。


IMG_7908

朝と夜はこんなかんじで
パン、ハム、チーズ。

最初の二回はおいしいなーと思って食べましたけど、
その内もうあきあきしてしまって(;^_^A
旦那さんにおにぎりと味噌玉(味噌、顆粒だし、わかめを丸めたもの)を
持ってきてもらって、
味噌玉にお湯を注いでお味噌汁にして飲んでました。

お昼はこんな感じ

IMG_7916
パスタに動物性たんぱく質。

日本だと
「乳製品は乳腺が詰まるからだめ」
というのがあるみたいですが、
ドイツはそんなの関係なーい。

みんな同じものを食べているのかと思いきや、
週に1度、メニューお伺いの人が来て、
パンの数やそれに添えるもの(あんまり選べないけど)
フルーツがいいか、ヨーグルトがいいか、
合わせる飲み物、
お昼のメインなどなど、

ちょっとずつカスタマイズできるようになってました。


BMWE9169
赤ちゃんが生まれて二日目、
元大家のギゼラおばあちゃんが来てくれました。

三日目にもお友達や恩師ご夫妻が来てくれたり、
世界中にいる先輩ママたちからアドバイスをもらったり、
ほんといろんな人に支えられて生きてきたなぁ・・・と
思う場面がいっぱいありました。




AKKF0747

通常帝王切開を受けるとドイツでは5日間の入院だそうなんですが、
術後の経過が順調だったようで
早めに退院することができました。

退院する日の朝、
新生児室に退院する母子が集まって
赤ちゃんの検査が行われます。

いろんなルーツをもつママと赤ちゃんが集まって、
それぞれにスタイルがあって、
興味深かったです。


KUGT8718

日記の通りですー。
夏休みの期間でもあり、
ヘバメさん不足である昨今でもあって、
私たちは出産直前までヘバメさんが見つかりませんでしたが、
最終的にいい人が見つかってよかったです。
最初の2週間くらいは毎日来てくれて、
赤ちゃんの体重を測ってくれたり、
授乳の仕方、体の回復のためのケア、
などなど子育てのためのことや母体のことなど
いろいろ教えてくれてます。
3週間目くらいから数日に一度の訪問になります。
CLVR5118

一度赤ちゃんを抱っこして座ってしまうと、
なかなか立ち上がれなくなってしまいます。
今は必要なものを周りにセットして抱っこに入れるようになりましたが、
最初の方は「あ、あれを持ってきてなかった!」みたいなことが多かったので、
本気で超能力を使えるようになりたかったです。