デュッセルドルフから車で1時間のところに
「ドイツ国際平和村」という場所があります。


世界の紛争、戦争地域で
傷ついたり病を得た子ども達が
治療のためにドイツに来て、療養をするための施設です。


昔々、「ウルルン滞在記」というテレビ番組で
東ちづるさんが訪れたのを見てから、
ずっと気になっていたこの場所。


渡独してから
驚くほど近くに平和村があることを知り、
ボランティアのおばあさんが作る
テディベアを買うことで
施設の運営にささやかながら寄付をしています。

1年に一度の秋のお祭り。
IMG_8533

子どもたちの故郷の食べ物がふるまわれたり、
ゲームや出し物があったり、
一般の人と平和村の子どもたちが
時を共有する貴重な機会です。

毎年楽しみにしていたお祭りに、
今年も行くことができました(^^)


IMG_8536

写真の食べ物は、
ウズベキスタンのplovという、
ピラフのようなもの。
すごく美味しかったです(^^)

それから毎年楽しみなのが、
IMG_8529
ジャンボ春巻き〜。
美味しかった!

今年は村が工事中で、
IMG_8527
村に入ってすぐの倉庫も会場に。

今まで入ったことのなかった
お庭に屋台が並んでました。

地面には
FullSizeRender
子どもたちの絵をモチーフにしたであろう
タイルが。

また、これまで平和村内での写真撮影が
できなかったのが、
村の子ども1人にフォーカスするようなものでなければ撮影してもいいという風になったそうで、
平和村を訪れたことのない人に
平和村を知ってもらえるような機会が
より増えるのじゃないかなあと思いました(^^)