今回は、出身地と話せる言語を話す表現をご紹介します。

★ご出身は?
Woher kommen Sie?
ヴォへァ コムン ズィー (語尾上げる)

★日本です。
Ich komme aus Japan.
イッヒ メ アウス ヤーパン

日本は英語ではJapanジャパン、ですが、ドイツ語ではおなじ綴りでヤーパン、といいます。
文頭のWoherは、「どこから」という意味。
単に「どこ」と聞くときは、Woヴォーだけです。

国名ですが、他に、
Deutschland ドイチラント:ドイツ
Der Schweiz デァ シュヴァイツ:スイス
Österreich ウースタライヒ:オーストリア

などがドイツ語を話す国々なので、覚えておくといいかと・・・

★何語を話しますか?
Was sprechen Sie?
ヴァス シュプレッヒェン ズィー?

★日本語と英語を少し話します。
Ich spreche Japanisch und ein bisschen Englisch.
イッヒ スプレッヒェ ヤパーニッシュ ウント アインビッヒェン エングリッシュ

今後は「何?」と聞いているので、文頭は英語だとWhat を表すWasになります。
日本語は、Jpanisch。ヤパーニッシュ。Japanヤーパンと似てますね。
undは、英語のandとおなじ。発音は、ウントとなります。
ein bisschen は、少し、という意味。
Englischは、英語のEnglishとちょっと綴りが似てますね。

他に、
Spanisch シュパーニッシュ スペイン語
Deutsch イチ ドイツ語
Französisch フグハンツェーズゥィッシュ フランス語 (グハの部分は超短く!)
など。

ドイツ語は英語のように綴りと発音が乖離しているものが少なく、
読み方の特徴さえちょっと覚えてしまえば、あとはいわゆる「ローマ字」読みで行けるらしいです。

これでドイツ語で挨拶をし、名前を言い、ご機嫌を伺い、出身国と話す言葉を伝える表現ができるようになりましたねー!!

人気ブログランキングに参加しています。
もしよかったらクリックしてください^^




人気ブログランキングへ