ドイツ、天然暮らし。

2016年5月から結婚を機にドイツ暮らしを始めました。 ドイツ語皆無の私がどれだけドイツに溶け込めるのか!? ただいま奮闘中です。

カテゴリ: 日記・コラム・つぶやき

25DAB00F-0DC5-4976-A868-D9C9DFAE36BA - コピー

東京の日程はいつも目まぐるしいです。
今回もそんな感じ。

一泊明けて翌日、
朝ごはんを松屋
(低価格で充実したしかもおいしいご飯が
 食べられるって日本最高!)
で朝ごはんを食べ、

私と旦那さんは昼間別行動。

私はずっと楽しみにしていた
パーソナルカラー、
ファッション、
メイクのセッションを受けに行きました。

自分の肌や目、肌の感じや
体型をを診断してもらい、

似合う色、
似合う服や小物、アクセサリーの形、
メイクの仕方などを教わるのです。

ずっと前にも一度別のところで受けたけれど、
今回の充実度はそれ以上!

似合わないものを衝動的に買って
無駄にしたくないので、
こういうセッションを受けることで
迷いなくモノを選ぶことができるようになります。

セッションの値段を友達に言うと
「うわ、高いんだね!」
っていう人が多いけれど、
私にとって、
無駄な買い物をしたり、
似合わないものをずっと持ち続けたり
使い続けたりする方がよっぽど痛いので、
全然高いと思いません。


人の価値観はそれぞれですけども、
私はそう思います(#^.^#)

セッションが終わって
旦那さんと合流。

お友達とお茶をして
(と言っても飲み物はビール中心笑)

上野の焼き鳥居酒屋で
旦那さんの大学の仲間メンバーで
飲み会でした。

毎回帰るたびに
集まれる人たちが来てくれます。

家族で来てくれる人もいて、
子供たちの成長も見ることができます。

私よりずっと長く旦那さんと付き合っている人たちなので、
いろいろな思い出話を聞くのも楽しいです。

こんな感じで東京2泊目が修了です!

66E41FF4-F91F-4A3A-B1F6-AA6F7B45297A - コピー

名古屋での滞在もあっという間に終わってしまいました・・・
滞在中は旦那さんのご両親にたくさんお世話になりました。
おうちごはん美味しかったなぁ。
身の回りのこともすっかりお世話になっちゃいました。
ほんとにありがたいです。

来名していた両親が実家栃木に帰る車に乗せてもらい、
東京でおろしてもらいました。

高速道路での旅、
私大好きなのです。


なぜかというと、
サービスエリアがあるから!!!

海外のサービスエリアは、
ガソリンスタンドや
チェーンのファストフード屋さんがあればいい方で、
トイレだけ、とか
トイレさえなくてベンチとテーブルとゴミ箱だけとか
そういう感じなんですが、

日本のサービスエリアは
地域によって扱う商品も違うし、
お土産も充実してるし(買わないけど見るのが楽しい)
食べ物もいろいろあるし、
すごく楽しいです。

今回静岡とか
横浜とかのサービスエリアで休憩したんですけど、

おでんがあったり、
小籠包とか餃子などの屋台があったり、
パン屋さんもどのサービスエリアにもあるやつだけど
ものすごい品数だったり、

自動販売機の飲み物もカフェ並みの
品揃えや味だったりと

すごく面白かったです。


長旅を運転してくれた父に感謝!!


今回の東京滞在の宿も、
浅草。

浅草、特に観光するわけじゃないんだけど
雰囲気が好きなのです。

都内移動に便利だし。


夜は旦那さんのサッカー観戦仲間と
旦那さんの幼馴染とご飯を食べました。

生ガキを久しぶりに食べましたー!!!

この間夜出かけた帰り、
アパートの中庭の夜桜がすごく見事に見えました。


2019.April_190412_0041


2019.April_190412_0042

日本のに比べると
山桜のような素朴で色も薄い桜です。

でもやっぱりきれいですー。

ドイツはこの時期木に咲く花がいくつかあって、
桜もきっとそのうちの1つという位置づけ。
(八重桜みたいに
 ピンクが濃くてまるい桜もあって、
 それはかなり華やか。
 ボンの桜並木はドイツでも有名です)

日本のように品種改良されたり
種類がたくさんあるわけでもなく、

あくまでその時期がきたら
粛々と咲くという感じ。

そういう在り方もいいなぁと思います。


我が家のリビングには大きな窓があります。
その窓からベランダに出ることができるんですけど、

そのベランダに
時々我が家の様子を見に来るヤツが来るのです。


IMG_5868

鳥です。

これはハト。

他にも近所で巣を作ってるカササギとか、
きれいな色の小鳥とか、

ベランダに餌を置いているわけでもないのに
飛んできてはちょっと様子を見て去っていきます。

旦那さんはまだこれを目撃したことはありません。
大体旦那さんが仕事に行っている日中だったり、
旦那さんが家にいても別の部屋にいるときだったり、
タイミングが合わないみたい。


ちょくちょく様子見に来るから、
餌でも置いてあげたらいいのかな?

ちょっと不思議な現象です。

アオカビチーズ。


日本で食べたときは、

「古いコンサートホールの 
 すみーっこにたまったほこりとカビの味」

と思ったあのチーズ。


ドイツに来て
たくさんのチーズを目にする機会が増えましたが、
ブルーチーズだけは手を出せずにいました。


この間スーパーに行ったときに
チーズの試食が置いてあって、
あのブルーチーズもありました。

旦那さんが
「試しにちょっと食べてみたら?」
と言うので、
小さなかけらを食べてみました。



そしたらなんと、
おいしいのですよ。


カマンベールの真ん中が
すごく柔らかくなったみたいな食感とまったりさに、
アオカビの苦みが絶妙にマッチしてて、

「あれ!!!おいしい!!!!」

とびっくり。

食べた後もしばらく、

「ブルーチーズっておいしいね!!」

とことあるごとに連発してました。

(おいしいものを食べると、
 しばらく「おいしいね!」と言い続ける癖があります)


で、
ちょうどその翌日にお客様がある予定があったので、
ブルーチーズを買って帰りました。


おもてなし当日。


E2C87AAC-5575-4100-9F6A-82BEAA064547
おつまみにブルーチーズを出しました。

包み紙を開くと、
包みに青いカビの跡がついて(当たり前ですけど)
一瞬私の「食べちゃいけないもの」センサーが働きましたけど、
切って盛り付けて出して、

IMG_5755

はちみつを付けて食べました。

やっぱりおいしいんですよ。
びっくり。

旦那さん曰く、
イチジクのジャムを付けるともっとおいしいんだそうです。


ちなみにその日のメニューは

E65A22CD-2D96-4E51-941A-63B5EA0A3416
坦々ごま鍋
(しめは重曹で茹でたラーメン風パスタ)


BF3930EF-E0CE-45C7-8616-8D99C0E58013
お客さんの持ってきたくれた
アップルクランブル。

お腹ががはち切れんばかりに食べたので、
夜もよく寝られず笑、
翌朝のご飯はリンゴとお茶だけでした笑

(旦那さんは普通に食べてましたよー)


このページのトップヘ