ドイツ、天然暮らし。

2016年5月から結婚を機にドイツ暮らしを始めました。 ドイツ語皆無の私がどれだけドイツに溶け込めるのか!? ただいま奮闘中です。

カテゴリ: ドイツで行ったところ

久しぶりに旦那さんがドライブに連れて行ってくれました。

デュッセルドルフから1時間位。
赤ちゃんは家を出てからすぐ寝たのですが、
目的地に到着する10分くらい前に起きてから
大泣き💦
着いてから抱っこしたら落ち着いてくれました。

着いたのは小高い丘。
途中小さな集落があり、
石造りのホテルやレストランがあって
観光地な雰囲気です。
規制が解除されての
初めての週末だったこともあり、
お客さんもたくさん。

さて、駐車場に着き、
さらに丘を登って行きます。

途中の景色

FullSizeRender
この日は快晴!
さらに階段や坂を登って行くと、、、

IMG_2504
お城の壁が見えました。

このHohensyburgは廃墟です。

IMG_2505
さらに景色がひらけてきました。
で、さらに次の建物。
IMG_2506
奥に塔が見えます。

IMG_2507
建物に近づくと、、、
何やらゲームや映画で見るような、
現実離れした広間が!


IMG_2508
古いものかと思いきや、
先の大戦の戦没者を弔う像でした。

さらに進みます。

IMG_2510

塔の眺め。

IMG_2511

どんなお城なのかなーと思いきや、

この先には広場。
IMG_2512
ワッフルやカリーブルストの屋台が出てました。

IMG_2513
この先も原っぱで、
卓球台やバレーコートがありました。

このお城は1100年頃に作られたそうです。

さらに先へ。
立派な建物が。

IMG_2515
馬に乗っているのは、
775年にこの地を征服したカール大帝です。


広場が広い!

IMG_2516


IMG_2517
さらにいい景色!


お城自体はあまり何もなく、
ちょっと拍子抜けでしたが、
お弁当を持って、遊び道具も持って
友達家族なんかと
遠足にきたら楽しそうだなと
思いました。

駐車場の近くには
閉まっていましたが、
カジノもありました。






旦那さんのドイツ留学生時代のお友達で、
赤ちゃんの出産祝いをくれた方がいます。

彼女は
香港に住んでいるのだけど、
今回のコロナウィルスの件で、
今ゾーストという町に
息子さんたちと一緒に義理の両親のお家に滞在していると
聞いたので、
会いに行ってきました。

ゾーストはデュッセルドルフからは
車で1時間ほど。
同じ州の中にあります。
IMG_1103


この町も古くからあるんだそうで、
小さいんだけども立派な教会が3つもあります。

IMG_1107
奥に見えるのが、その1つ。
工事中みたい。


IMG_1109
2つ目。
左の建物もそうですが、
この町の伝統的な建物や建築物は
この特徴的な緑の石で作られているものが多いです。

晴れていたらこの緑がもっと映えるんだろうなぁー。

IMG_1106
古い街なので、
古い建物もたくさん。

この下着屋さんが入っている建物も、
その1つ。

店内はもともとの建物の梁などを生かして
利用されていて素敵です。

IMG_1108
街の中、清潔でいい感じだったなぁ。

それから、

郊外に子供が遊べるスペースがあるよと
お友達が連れて行ってくれました。

大きな体育館みたいな建物で、
入り口入ってすぐが料金所と簡易的なバーみたいな感じ。
ここからフライドポテトやカリーブルスト、
シュニッツェルもあったかな?

入ると、
IMG_1113
遊具がたくさん!!!

IMG_1114
入り口から続いている軽食屋さん。
アイスやドーナツ、スナックなど、
子供が好きそうなものたくさん。

遊び場の周りにぐるっとテーブルがあって、
家族が談笑、食事ができるようになってます。

赤ちゃんにはまだ遊べるものがなかったけど、
遊具好きの旦那さん、
たぶんほんとは遊びたかったんじゃないかなー。

(小さなつくりの遊具もありますが、
 大人もついて回れるようになってるので、
 遊んでも大丈夫みたい)


香港からのお友達、
これからどれくらいドイツにいるか
まだ決めていないとのこと。
もう少ししたら大きな町に行って、
息子さんたちを幼稚園に行かせようかなと
言っていました。


私たちもそうですが、
何かがあったときに
在住国以外に拠点があるというのは
心強いなぁと思いました。

私たち自身も、
日本で家族や友人に何かあった時、
日本国外の拠点になれるし。







はい、コッヘムの町ですー。
IMG_9260

趣のある建物ですねー。


IMG_9264
古いですー。

IMG_9266
デュッセルドルフでは10月くらいで販売終了する
フェダーバイザー
(ぶどうジュースからワインになる途中の飲み物)
が売られてました。
タンクに入ってるのは初めて見ました!!

IMG_9267
街の端っこでお祭りがやっていた!!
ここにはあとで行きます。

IMG_9274
街の塔。

IMG_9275
市庁舎。
小さめでかわいいです。

街を抜けて、丘を登っていきます。

IMG_9277
スレート層がむき出しになったところ。
この地層がおいしいワインになるブドウを作るんだそう。
(前の日にワイナリーの息子さんが言ってました)

さらに丘を登っていくと・・・

IMG_9278
コッヘム城ですー。
ブドウ畑のてっぺんにたってます。

IMG_9289
コッヘム城からの眺め。
絶景!!!
寒くて天気が悪くて、
ブドウ畑の上の方はかすんでます。
でもこれもドイツらしい。

さっきちょっと見たお祭りのところで
ごはんをたべることに。

IMG_9294
魚のパテのバーガー!!!
おいしかったなぁー。

同行した方がフェダーバイザーをふるまってくれました。
だいぶ発酵が進んで、アルコール度が高い感じ。
でもおいしかったー。

初めての赤ちゃん連れ旅は
こんな感じで終わりました(#^.^#)

赤ちゃん、大人の予定につきあって
よく頑張ってくれました。











IMG_9252

さて、朝です。
電線やアンテナがなかったら、
いつの時代?と思うような部屋からの眺め。
奥に霧にかすむブドウ畑が見えます。
このワイナリーのワインのブドウも、
この畑のどこかで作られています。


IMG_9253
レストランの中。
夕食と一緒の大きなテーブルを抑えていてくれました。
IMG_9255

朝ごはんー。
ドイツホテルの朝ご飯は
チーズとハムとジャムと、
あとは何らかの果物や野菜、
卵は大体半熟卵かゆで卵ですが、
ここでは目玉焼きや入り卵など、
お好みのを作ってくれました(#^.^#)

いつもご飯やみそ汁の朝ご飯の我が家。
こういうご飯も好き。
いつもよりたくさん食べちゃいました。


ホテルの人たちと
また来年か再来年に来るよと約束して、
車で10分のコッヘムの町に向かいます。

IMG_9225
結婚して2ヶ月目に
ドイツに引っ越してきたとき
両親も一緒にドイツに旅行に来た
その時旦那さんが
酒好きの両親のために探してくれた
ワイナリーホテル。

今回の旅の宿もここにしました。
チェックインはなし、
「あなたたちはこの部屋、
 あなたたちはこの部屋」
と鍵を渡されて終了!
の潔さ。

前回泊まったのは
3年前のことだったけれど、
ホテルの
お父さん、お母さん、息子さん
みんな私たちを覚えててくれた。
ドイツでまた一つ、
私たちを迎えてくれる人ができてました。

このページのトップヘ