ドイツ、天然生活。

2016年5月から結婚を機にドイツ暮らしを始めました。 ドイツ語皆無の私がどれだけドイツに溶け込めるのか!? ただいま奮闘中です。

カテゴリ: ドイツのおいしいところ

この間の廃城、ルッテルナウ城に行った日に、
あと二つお城をめぐってました。

その一つがここ、
Schloss Fugenpoetです。
IMG_6410

「ヒキガエルの水たまり」
っていう面白い名前のお城です。

お濠の中に立っていて、
周りのお水は濃い緑の水草が浮いてます。

ほんとにヒキガエルがいそうです。

ここは1955年にホテルになっていて、
5つ星なんだそうですー。


IMG_6414

真ん中にあるドアから、
格調高そうなホテルの中が見えました。

778年、カール大帝のころには
すでに歴史に登場したこのお城は、
ローマ帝国に襲われたり、
持ち主がいなくなって荒廃したりしたんですが、
1831年に再建されたそうです。

持ち主がいなくなったお城って、
誰が次の持ち主になるんだろうなぁ?

ここのカフェはケーキが15€するとメニューにあって、
「うわあ」
と思ったので、

家の近所の5ユーロのワッフル食べました♡


IMG_6418

なにか特別なことがあったら、
フーゲンポエトのお城のレストランに行こうと思います★

先週の土曜日、
アントワープに行く前にも
実はデュッセルドルフで
昼間からビールを飲んでました笑

行ったのは、
ライン川沿いにある老舗醸造所、
ユーリゲ。

ドイツ人の日本語生徒さんが

「ここにはゾールアイっていう
 ゆで卵があるんだ!」

ってずっと言っていて、
この日ようやっと、
その生徒さんと一緒に
『ゾールアイ』なるものを食べに
行ったのです。

まずはビールを各々頼んで・・・

IMG_6141

ゾールアイ、来ました。

見た目は硬めにゆでたゆで卵。
冷たい。

皮をむいて、

IMG_6142
半分に切ったら、
黄身だけを取り出します。

IMG_6143
そこに、
卓上のオイルと・・・
IMG_6144

酢。

IMG_6145
それからたっぷりのからし!!!!
(ドイツ料理屋さんのからしは
 からいというより酸っぱい味)
IMG_6146

黄身を戻す。
IMG_6147

できあがり。

「ふーん。それで?」

と思いますよね?

これを、1口でがぶっといくのですよ。

それがねえ・・・・

もう、ほんとーーーーーに
おいしい!!!!!!!!!!

ゆで卵自体になんともいえない
いい感じの塩味がついていて、

それに酢やからしの味がマッチして。

ビールが進まないわけがない。

ふつうは1人2個ゆで卵が来るんですけど、
私と旦那さんは

「結局ゆで卵だしねぇ」

と一人前しか頼まなかったんですよ。

すごく後悔しました。

これは2個食べたい!!!

次の日も二人で
「ゾールアイ食べたいねぇ・・・」
って言ってましたもん。

このゾールアイ、
単なるゆで卵ではありません。

ゆでた卵を、
濃い塩水にいろんなハーブを入れた液に
1日から1週間漬けるという
スペシャルなゆで卵なんです。

あのなんともいえないゆで卵の味は、
そこから来ていたんですねぇー。

うちで作れないこともないと思うけど、
こればっかりは、
あのユーリゲの雰囲気の中で、
ユーリゲのビールを飲みながら食べるっていうのが
一番いいんだろうと思います。




旦那さんの同僚の方が、
家の近くの韓国料理屋さんを教えてくれました。

野球の観戦後に早速行ってみることにしました。

IMG_5972

日系の企業や工場、住宅地のある界隈にあるお店です。

店員さんは若い韓国の女の子。
慣れない感じと、笑顔がかわいい。

お料理を頼むと、
韓国料理屋さんの定石、

IMG_5974
たくさんのおまけがー。

ナスのみそ炒めや
ごま油の肉じゃが、
キムチに、
厚揚げの煮物。

ごはんがほしくなります。


IMG_5973
キムパはちょうどいい大きさで食べやすいー。
具だくさんです(#^^#)


IMG_5975
ちょっと寒かったから、
スンドゥブチゲがおいしかったー!


IMG_5976
ピビンバはお腹いっぱいで私は食べられなかったけど、
おいしそうだったなぁ。


IMG_5977
チャプチェ。
甘辛い味で食べやすいです。

最後に、
お米の飲み物、シッケまでサービス!

お料理を作っているのも女性のようで、
お家のご飯をたべさせてもらっているような
あったかい料理ばかりでした。

歩いても行ける場所なので、
これからちょくちょく行きたいと思っています。

Haemil
 Forststraße 56, 40597 Düsseldorf

ちょっと話が前後するのですが、
フランクフルトに行く前夜、
お友達がヨーロッパ食はもういいかなぁっていう
感じだったので、
夜に韓国料理を食べましたー。
いつものジンセンです。
IMG_4993
たっぷりのおまけー。
IMG_4995
チャプチェは下にろうそくを立てて、ぬるくならないように配慮。
IMG_4996
蒸し豚は牡蠣やお魚の味のするソースで食べます。
ちょっと私にはお魚の風味が強かったけど、
お肉は柔らかくておいしかった♡
IMG_4998

カラーいスープにご飯を入れて。
本当に辛かった!でもおいしかった!

で、口の中がとっても辛かったので、
お店の近くの韓国カフェに行きました。
IMG_5001
ナムカフェ。
ナムって言うのは木、っていう意味なんですって。

ここのかき氷がおいしいというので、気になってたんですー。
いろんな種類があるんですが、韓国で一番伝統的と言う
IMG_5002
きなことあずきのかき氷にしました。

氷がとっても細かいです。
食べても頭が痛くなりません!
なんだか、水を凍らせたものっていうよりも、
ミルクを凍らせた感じなのかなぁ?
きなこと合わせて食べても水っぽくなく、
まろやかな甘さが口に広がります。
あんこはトッピングと中にも入っているので、
混ぜながら食べられます。

初めての韓国かき氷。
すっごくおいしい。

今年のドイツは特に涼しいので、
今度いつ食べに行けるかっていう感じですが、
暑くなったら真っ先に行きたいですー。

NAMU CAFE
Oststraße 130, 40210 Düsseldorf




世界遺産、ブリュールのアウグストゥス城の別棟、
狩りの館の隣に、すばらしいレストランがありました。


IMG_4974
お昼になるとお城がしまってしまうため、
アウグストゥス城で午前中の観覧時間が終わってしまった私たちは、
午後の観覧時間の待ち時間にこのレストランに入ることにしました。

意外や意外、ここはドイツ料理レストランではなく、
イタリアンでした。

お友達はイタリア旅行からこちらに移動したばかり。
「またイタリアンかぁ」って思ったと思います(;^_^A

それがですよ。
IMG_4977
豚のソテー旬の杏タケソース掛け
お肉がやわらかーくて、ソースの味も絶妙!
ポテトは言わずもがな
IMG_4978
クリーム感満載のカルボナーラ
コクがあって、いつまでも食べたくなる味
IMG_4979
イタリアンに行くと必ず頼むラザニア。

トマトソースとメインのパスタ、ひき肉のバランスが最高!
もう1皿食べたかったくらい。

お店の人もとっても優しく、
「取り分けて食べるでしょう?」
と頼む前にとり皿を持ってきてくれました。

(ドイツでは取り分けて食べる習慣がないので、
 特別に頼まないと、取り皿を持ってきてくれないのです)

給仕のおばちゃんはドイツ語が堪能なイタリア人。
「イタリアでも大皿で頼んで、みんなで取り分けるからね!」
と言って、陽気にサーブしてくれました。

実はこのレストランに入るとき、
旦那さんがドイツ語であいさつしたにもかかわらず
私たちの見た目でドイツ語が話せないと判断した彼女。
「ちょ、ちょっと待って!」
としどろもどろになって、
別の給仕さんに「ちょっとあんた、英語で対応して!」
と助けを要請。

でも冷静だった同僚の女性はドイツ語で
「3人だよね?こちらへどうぞ」
と返しました。
なのでおばちゃん、旦那さんをばしっとたたいて、
「なぁんだ、ドイツ語話せるなら言ってよー」
と言ったので、お店の中は他のお客さん含めて大爆笑。

とっても和やかな雰囲気なお店で、
初めて行ったのにも関わらず、
とってもあたたかな気持ちで食事することができました。

お城で食べている気分も味わえて、
ちょっと特別気分。

夜に来たらまた、雰囲気がいいだろうなぁという内装でした。
このイタリアンは今までドイツで食べた中でぴか一です。

Schlossrestaurant Falkenlust
 Schloßstr. 6, 50321 Brühl



このページのトップヘ