ドイツ、天然生活。

2016年5月から結婚を機にドイツ暮らしを始めました。 ドイツ語皆無の私がどれだけドイツに溶け込めるのか!? ただいま奮闘中です。

カテゴリ: ゆるーくアロマ・ゆるーく薬膳。

砂糖断ち、4週間目です。

人から頂いたチョコやらクッキーやらを
食べたりしました。

少量なら大丈夫そうなんだけど、
一度夜に10個くらいクッキーを食べた夜、
砂糖の影響か分からないですが、
眠れず
(友達に「午後砂糖を摂るとハイになるんだ」
 って言う人がいたなぁ)
翌日もなんだかだるくって困りました。

身体への影響はというと、
30代になって
目の下に出ていた涙袋のようなもの
(たるみでしょう)がなくなりましたよー。

顔が全体的にすっきりしてきた感じです。
透明感もあります。
クマもだいぶ取れてきたような。

目の周りのイボも取れてくれたらいいなぁー。

生理痛も軽減されてきました。
1日目にだるいのとおなか痛いのとありましたが、
2日目は全く症状がありませんでした!
普段は1日目と2日目、
薬飲もうかなぁーっていうような腹痛があるんです。
(薬飲むとまた次がひどくなると思っているので、
 なんとかやり過ごすのです)
これはすごい。



先週末甘いモノ食べちゃいました。


IMG_0596
アイスー。


IMG_0599
ケーキ―。

身体のリズムのせいにしちゃー
あれなんですけど、

ちょっと気持ちをあげたくって、
ついつい食べちゃいました。

だからか、
お腹と、その真裏の背中にできものが・・・

反省です。

調味料がついている高野豆腐を煮てみたら、
これがまた甘い!!

デザートかって言うほど甘い。

次に料理する時は、
付属の調味料を減らして、
お出汁と干しシイタケで
うまみを足してみました。


でも不思議と、
あのアイスやケーキは
ひどい甘さを感じなかったです。

なぜなんだろう。


イチゴが安売りしてたので
買ったら、
不思議なほど味がないイチゴでした。

どうにかしないとと思って、
ジャムを作りました。

やっぱり砂糖は使うまいと思って、
まず白ワインちょっとで煮てから味を見て
(この時点で甘みと酸味が出てきてました。
 香りがすごくよくなった!)

甘味を蜂蜜で足しました。

IMG_0647

こんな感じ。

本来ジャムは砂糖いっぱいで作るから、
はちみつだと
保存の意味であんまり持たないと思うので、
すぐ食べきりたいなと思います。



砂糖断ち2週間がたちました。

最初の1週間のような
劇的な変化はないですが、

時々

「ああー!!
 バーガーキングの
 イチゴシェークが飲みたい!」

っていう発作が起きるほかは、
特に甘いものを食べたいという欲求はなく
過ごしています。

お客さんがあったり、
御呼ばれがあったりしたので、

砂糖を使わないお菓子を
いくつか作ってみています。


例えば、

・ヨーグルトと蜂蜜で作った
 フローズンヨーグルトに
 アプリコットのお酒をかけて食べる

・蜂蜜とバナナで甘みをつけた
 バナナケーキ
IMG_0468


・蜂蜜とバナナで甘みを付けた
 チョコタルト
IMG_0539



などをつくりました。

あ、
あと

・蜂蜜と醤油のみたらし白玉。

IMG_0443
レシピ載せてますー。


砂糖不使用のみたらし白玉


チョコタルトは
思いのほかおいしくできたので、
あとでレシピを載せます。

お呼ばれの時は
デザートに砂糖が入る可能性が高いので、
こちらから持っていくよーと
提案しちゃえば
自分でメニューを決められるから
楽だなぁと思います。


砂糖断ちをして1週間目です。

(乳製品断ちは
 冷蔵庫の中身と相談し、
 ちょっと先延ばしになりました(;^_^A)

3日目くらいから
肌の透明感が増して、
むくみが取れた感じ。

顔が心なしかしゅっとしてきました。

4日目くらいから、
旦那さんにも
「肌がきれいになってきたね!」
と言われました。



家では砂糖は摂らないけど、
御呼ばれしたら喜んで食べるという風に
決めていたのです。

で、4日目の夜にお友達のお家で
ご飯をごちそうになって、
とっても美味しかったんだけど、

砂糖が入っているであろう料理の
甘味への
自分の味覚の鋭敏さにびっくりしました。

甘味だけがクローズアップされて、
5、6倍(当者比)になりました。

デザートが
いつもなら大喜びの
クリームがけのベリーだったんだけど、

「ベリーだけでも
 おいしいなぁ」

って思う自分がいました。


で、翌朝

なかなか目が開かない。
顔もどよーんとむくんでいる。
そして、体調を崩しました・・・

砂糖の関係かは分からないけど、
久しくかかっていなかった
膀胱炎になってしまいました。

常備していた
膀胱炎用のハーブティーをがぶ飲みし、
お風呂に入って復活しましたが、
びっくりしましたー。


なんだったんだろう。


6日目に旦那さんが
会社から
日本への出張者からのものであろう
お土産
(ひよこ饅頭の
 ひょっとこバージョンみたいの)を
持って帰ってきてくれて、

いつもなら狂喜乱舞なんだけど、
ぐーっと我慢して、
その日旦那さんのドイツ語レッスンに
来ていた人にお出ししました。


旦那さんもそういうわけで
一緒に砂糖断ちをしてるんですが、
元々砂糖がいらない人なので、
特に苦痛はないみたい。

かつ、
お友達のお家の御呼ばれの翌日も
普通に元気。

体力とか体質の差なのかなぁー。

でも、
砂糖への味覚の鋭敏さは
同じように感じているようです。





最近、食べ物と体って
密接にかかわっているんだなぁーと
つくづく思いまして。


とりあえず、
身体によくないと言われているものは
やめてみようと思いました。


まず砂糖。
旦那さん一人暮らしの時、
砂糖はお家になかったそうです。

私はお菓子を作るから
お砂糖を買っていたけど、
お菓子を作るのも控えようと思います。


次に乳製品。

A型の私は乳製品ってあんまり合わないんだそうです。
以前ホメオパシーのレメディを取っていた時、
乳製品も我慢してみて、と言われて試したら、
肌の調子がよかったのです。

B型の旦那さんは
乳製品からの栄養が大事なんだそうで、
旦那さんには食べてもらおうと思います。



両方とも、
外食の時は控えめに、
おばあちゃんちに行った時は
遠慮なく
食べようと思います。

おばあちゃんのお料理はおいしいから!


とりあえず昨日一日食べずにいました。
今日はちょっとだけバターを料理に。

午後になって頭痛がします。
これは砂糖断ちの禁断症状かもしれない。

落書きをすると、
お菓子の絵ばかりになります。
面白い・・・




このページのトップヘ