ドイツ、天然生活。

2016年5月から結婚を機にドイツ暮らしを始めました。 ドイツ語皆無の私がどれだけドイツに溶け込めるのか!? ただいま奮闘中です。

カテゴリ:ドイツのおいしいところ > デュッセルドルフ

デュッセルドルフは
日本人が多いこともあり、
日本食が他の場所に比べて手に入りやすいです。

うれしいのは、
日本のパンが買えるお店があること!

日本系のスーパーに卸していたり、
ベーカリーを持っていたりします。

私がよく行くのは、

イマーマン通りにある
ベーカリータカ
(お店のおじさんはちょっとぶっきらぼうなんだけど、
 昔ながらの優しい味のパンが好き!
 きっとおじさんもシャイなだけだと思う。)

と、

ちょっと奥まった
マリエン通りにある
ベーカリーマイハート。


タカに比べると、
ちょっと新しめの感覚のパンが
売っています。


土曜日のお昼時に街中に行く予定があったので、
この日のお昼は
マイハートにしました。


IMG_9288

お店入ってすぐが店舗、
奥がイートインスペースです。


カプチーノや
ラテなどの飲み物も充実してるので、

パンと飲み物を買って
イートインスペースで食べます!!


IMG_9289
どっさり。

これで13€くらいだったかな。
日本で買うよりは高いですけど、
ときどきなら!


IMG_9291
白身魚とエビフライのパンー。

このお店は
日本人はもとより、
海外のお客さんも多いです。


IMG_9292
お店の前で早速食べる人たち。


ベーカリータカにも
コーヒーマシーンがあり、
イートインスペースもありますよー。


ベーカリータカ
http://bakerytaka.de/jp/
 Immermannstr. 36  40210 Düsseldorf

ベーカリーマイハート
MarienstraBe 26, 40210 Dusseldorf


2年前の5月にデュッセルを訪ねてくれた
お友達が、
再び仕事でデュッセルに来たので、
会いに来てくれました。

(前回来訪したときに行った
凄い肉が食べられるレストラン
はこちら。)


この日は日曜日で、
普段なら
ほぼすべてのお店が閉まっている曜日なんですが、
たまーに、
お店が開いているときがあるんですよ。

この日はちょうどその日だったようで、
旧市街の無添加グミ屋さんにも寄れたし、
ちょっと街を見ることもできたし、
ラッキーでした。

夕方時、
夕日が沈んでいくライン川をちょっとだけ眺め、
そこの近くにあるレストランに行くことにしました。

ここは白アスパラの季節のときに行った、
街のかわいいレストラン
の別店舗。

Schwanです。


メニューを見てみると、
白アスパラの時のレストランとは
全く違います。

「冬の・・・」という名前とか
冬の食材を使った料理が多い。

もしかしたら店舗ごとに
違うメニューに力を入れてるのかもしれないけど、
季節でも変えてるのは間違いなさそう。


すごい寒い日だったから、
女性陣は


IMG_9103
オレンジスライスにショウガが入ったお湯を。

旦那さんはビール。

IMG_9104
このレストランはスープがおいしい!
キノコのスープ。

友達が飲んだトマトのスープは
甘味が強かったかな。


メインは
それぞれ気になるものを1つずつ選び、
シェアしました。

取り皿を頼む前に、
お兄さんが
「分けるよね?」って持ってきてくれました。
日本人のお客さんが多いんだろうなと思います。

IMG_9105
やわらかーいハンバーグが、
おいもとニンジンを柔らかくゆでたものの上に載ってます。

IMG_9106

ハンバーガーがおいしかったー!!!!
具とソースの比率が絶妙でした。
ポテトも最後まで食べちゃった。

IMG_9107
薄焼きピザのようなもの、
フラムクーヘン。

ビーツとカマンベール、クルミが載ってました。
おしゃれー。


たらふくたべましたー。



キッチンの料理が出てくるところ付近に
座ってたんですが、

ちょうど見えるところが
メインを料理するところでした。

「ニューオリンズのママ」みたいな
貫禄あるおばさんが、
くるくる動きながら
どんどん料理を作っていきます。

シュニッツェルとか、
一度に3、4枚揚げて、
カウンターに用意してあるお皿の1枚に
どーんと全部載せて、
それから他のお皿にどん、どんと分けていく。

そうしつつも、
こまめにキッチンのふき掃除をしてて、
キッチンがピカピカなのが
客席からも分かりました。

彼女、すごい。



Schwan
http://www.schwan-restaurant.de/duesseldorf_altstadt



先週末に
預かってた猫ちゃんをお届けに行って、
買主のお友達と
彼女の家の近所のレストランに行きました。



März_180315_0004

黒と白と茶色、紫で
モダンに整えられた店内。

cooking dadというレストランです。


ここは
メニューを見ると、
中華のような、タイのような、
そんな感じです。


まずは


März_180315_0005
チンタオビール―!


それから、


März_180315_0003
私は豆腐炒めを頼みました。

かわいい器に炒め物と、
ごまのかかったご飯が出てきました。


味は濃いけど、ごはんの進む味。


旦那さんはちょっと甘めの豚の炒め物、
お友達はパッタイみたいなのを食べてて、

それぞれにおいしかった。

März_180315_0002
壁にはかわいい絵とともに
メニューが書かれてます。


Cooking Dad
Birken Str.69 
40233 Duesseldorf


日本からのお友達が来るので、
空港までお迎えに。


IMG_8719

「ソーセージとビールがいいです!」
という彼女のために、
旦那さんが新たなレストランへ連れてってくれました。


IMG_8721
郊外にある、
かわいらしいレストラン。


IMG_8723
中も広々。
こちらはもともとテラスだったのかな、
ガラス張りで外が見えます。

ここも醸造著直営店なので、
ここのビールが飲めます。


IMG_8724
グーラシュと、
ビールのパン


IMG_8725
ソーセージ盛り合わせ。

ポテトとザワークラウトおいしかった!
なぜか白ソーセージも入ってる。


IMG_8726
デュッセルドルフ特産のマスタードが
たっぷりのって、その上にオーランデーズソースののった
豚肉。
やわらかーい。
この付け合わせのポテトもかりかりー。


IMG_8727
デザートには
アプフェルシュトゥルーデル。
皮がしっかり。
そしてフォークとスプーンはささってる。


IMG_8728
カップもかわいい。
どこかのコーヒーメーカーのらしい。



Brauhaus Joh. Albrecht
Niederkasseler Straße 104
40547 Düsseldorf
Tel.: 0211 570129

フランス人日本語生徒さんの働く
ガレット屋さんが
あまりにもおいしいので、

他の生徒さんを誘って
再び行ってきました。

早い時間だったからか、
私達が一番乗り。

この間は忙しくて
あまり話せなかった
生徒さんが自ら、
接客してくれました。

IMG_8605

ガレットに合わせて
甘くないシードルを
選んでくれました。

ガレット全部制覇したいので、
前回と違うものを。

IMG_8607
一番スタンダードな
ハム、チーズ、卵のガレットに
キノコを追加。

IMG_8609

おいもに、生ハムに、
青かびチーズのソース。

青かびチーズ食べられないんですけど、
このチーズソースはほんとにおいしかった。


前回デザートに、
ビストロオリジナルの
塩キャラメルソースのクレープを食べ、

「あれ以上においしい
 デザートはないだろうな」

と思っていたんですけど、

さらにおいしそうなメニューを発見。

IMG_8612

一見したところ、
塩キャラメルのクレープ。

そこにカルヴァドスに火をつけたものを
かけていきます。

クレープに青い炎が!

炎が収まり、
クレープをめくってみると・・・

IMG_8615
じゃじゃーん。
リンゴ★

これはね、
塩キャラメルソースのクレープより
おいしい。

至福の味です。


私達が食べている間に、
あっという間にお店が
満杯になってきてました。

さすが人気店。

IMG_8616

この日はとっても
寒かったんだけど、

お日様が出てきれいでした。

IMG_8618

この一角は
デュッセルドルフも意外ときれいだな、
って見直せる場所。






Bistro Erminig, Mutter-Ey Strasse 5, 40213 Düsseldorf
(Gegenüber Neustrasse 10)

このページのトップヘ