ドイツ、天然生活。

2016年5月から結婚を機にドイツ暮らしを始めました。 ドイツ語皆無の私がどれだけドイツに溶け込めるのか!? ただいま奮闘中です。

カテゴリ:ドイツの楽しいところ > ケルン

日本からのお友達と一緒に、
ケルン近郊の世界遺産のお城に行ってきました。

IMG_4946
ケルン大司教でもあり、選帝侯でもあったアウグストゥスによって
18世紀初頭に作られた城で、
広大な敷地の中に、宮殿と、狩りの館があります。

日本語の音声ガイドが借りられて、
説明とともに豪華な部屋の数々をめぐることができます。

ちょうどタイミングよく、
ドイツのガイドさんの案内を受けることができ、
部屋を効率よく回りながら、
日本語音声ガイドも聞きつつ、歩くことができました。

中は撮影禁止。
なので、絵葉書を。

IMG_4947


息をのむほど美しい回廊。

こんなに豪華な内装はベルサイユでも見ませんでした。

IMG_4948


オランダ産のタイルが敷き詰められた食堂。
涼しげな内装で、夏でも心地よく食事がとれたそうです。

IMG_4949

部屋の天井装飾。

贅の限りを尽くしています。

フランスやオランダ、アジアなど、
様々な文化を取り入れたこのお城。

華やかな王侯貴族たちの暮らしが見られます。

お庭も豪華!
IMG_4959
天気はいまいちだったのですが、
ちょうど花盛りで、いい香りが満ちていましたよ。

IMG_4961
お庭を抜けると森があり、
森の奥には狩りの館があります。

IMG_4980
狩りの館も中の撮影は禁止。
日本語の音声ガイドがこちらにもあるので、
それを聞きながらゆっくり回れます。

外見は結構質素ですが、
中はまたすごいですよ。

世界遺産なのですが、
人が本当に少ないです。

なので、人混みが嫌いな方でも、
じっくり、思う存分見て回れます。

このお城は本当にすごかったです。


Parkplatz, Max-Ernst-Allee, 50321 Brühl

「世界入りにくい居酒屋」に出ていたケルンの人情居酒屋を後にして、
お次は展望台へ。
IMG_3221
一人3ユーロ払って、この建物のエレベーターをぐいーんと登っていくと、
IMG_3244
こんな眺め!!!
まあるいビルの一番上が展望台になっているので、
ドーナツみたいな通路をぐるっとめぐりながら、ケルンを360度見渡せます。
この日はとっても天気がよく、展望台も大賑わいでした。

再びあるいて橋を渡り、大聖堂の方へ帰ります。
途中で休憩。
男性陣はビール、女性陣はコーヒーを頼みました。
IMG_3248
プロが撮ったのではないらしい、ケルンの大聖堂がプリントされたマグ。
そこはかとない可愛らしさ。
IMG_3249
ついてきた砂糖。
かわいい。

トイレの張り紙。
IMG_3250
「階段注意!」と書いてあります。
かわいい。
IMG_3251
「がんばって強く押して!」
って書いてあります。
トイレ部屋のドア、ちょっと重かったからかな。

こんなカフェで一休みして、それからデュッセルドルフに帰りました。

 

大聖堂近くのクリスマスマーケットを見て、大聖堂の中を見て、
次は街歩きです。

今日は大聖堂を対岸から見ようということになり、川を渡りました。
橋には恋人達が永遠の愛を誓ってかけた錠前がぎっしり。

川を渡りきって後ろを振り向くと、大きな大聖堂の全体が見えました。 
IMG_0087

 橋を歩く人の右側にモザイクみたいになってるのが、錠前です。

橋を戻り、写真左側の川辺の通りを歩き、小道からまた街へ戻ると別のクリスマスマーケットが見えてきました。

IMG_0092
 臨時とは思えない細工のゲート。
IMG_0090
 こちらは大聖堂に比べて観光客が少ないようで、お店も落ち着いた雰囲気。
食べ物を扱う屋台が多いのと、蹄鉄を作る鍛冶屋さん等、中世を彷彿とさせる格好の人やお店が多いのが印象的でした。すごく楽しめました。

街中を通って帰る途中、もう1つクリスマスマーケットに遭遇。
お店の数は6つほど、ごく小さい規模ですが、地面に木屑が敷いてあり、柔らかな感触が楽しい。
小さな子が寝転がってました。

IMG_0094
 最後に暗くなった大聖堂のクリスマスマーケットへ再び。
IMG_0097
こういう雰囲気はヨーロッパならではなんでしょうね。

 

曇りや雨の日が続く冬のドイツ。
朝は8時まで暗いし、夕方は5時には真っ暗。
ちょっと淋しい感じです。
こんな気分を吹き飛ばしてくれるのが、クリスマスです。
ドイツでは、クリスマスの飾りや食べ物を売るお店を集めたクリスマスマーケットがいろんな街で開かれます。
今、お友達が来ていることもあり、他の観光スポットも見られるということで、
デュッセルドルフから車で1時間ほどのところにあるケルンに行きました。

まずは、ケルンと言えば言わずと知れた、大聖堂。
の前にあるクリスマスマーケットへ。

IMG_0070

大聖堂と、クリスマスマーケットの看板。
平日にもかかわらず、たくさんの人。

IMG_0071

お店には、クリスマスツリーの飾りやキャンドル、お菓子が売っていたり、
革製品や毛糸のアイテム、煙突掃除や靴磨き用のブラシ屋さんなど様々なものが見つかります。

お昼過ぎに来た私たち。
何はともあれなにか食べたい。

まずは、この間、フリーマーケットでも食べたドイツ版ハッシュブラウン。

IMG_0074
ユニフォームが決まっているお店の人。
日本の祭りの屋台と違い、
屋台はちょっとした建物のようになっていて、お店の人もユニフォームも着て雰囲気があります。
IMG_0075

かりかり!

次は、クリスマスマーケットならでは。
ホットワイン。

IMG_0079
このマグは毎年違うものが作られており、気に入ればマグ代を払って新しいものを買うこともできます。
マグには自撮り棒を使って写真を撮る男女の姿が。
面白い柄です。

次は、ドイツに来たら外せないソーセージ!

IMG_0080

続いては、これ。
なんだか分かります?

IMG_0081

IMG_0082
焼いたチーズを削ってバゲットにのせたラクレット!!

これはまた食べたい!!

お腹がふくれたので、大聖堂を見学。
いつもながら圧巻です。

外に出たら夕方。

街を散策します。

続く。
 

方向音痴のワタクシが両親を案内するツアー2日目は、ケルン大聖堂です。

去年夏に一度連れて行ってもらったものの、駅の目の前に大聖堂がある、くらいの土地勘しかなかったので、ドキドキでした。
旦那さんが例の如くオプション3まである行き方と帰り方のメモを書いてくれました。
(このメモは私のサバイバルメモとして今も取ってあります)

おかげで、デュッセルドルフ中央駅からケルンまで一等車両に乗るというハプニングがありながらも、無事ケルンに着くことができました。
IMG_1609

去年夏に来たときは蒸し暑く、大聖堂の塔を登るのは結構大変だったので、両親がそれに耐えられるかちょっと心配でした。
が、何度意思確認をしても「登る」という返事だったので、登ることに。
IMG_1610

普段犬の散歩をしている2人はかなりの健脚。
途中父は辛そうでしたが、無事頂上にたどり着きました。
IMG_1611

この日もとてもいい天気。
さっさと降りてビールを飲みました。
IMG_1612

この日の夜はこの旅行最後の夕食。

郊外にあるドイツ料理屋さんでディナーでした。
IMG_1613

ここでもやっぱり白アスパラのスープ!
毎日食べても飽きません。
IMG_1614

大家のおばあちゃんオススメの、ベーコンパンケーキはボリュームたっぷり。

地元のおじいちゃんおばあちゃんが家族で集う昔ながらのレストランという感じでした\(^o^)/

このページのトップヘ