ドイツ、天然暮らし。

2016年5月から結婚を機にドイツ暮らしを始めました。 ドイツ語皆無の私がどれだけドイツに溶け込めるのか!? ただいま奮闘中です。

カテゴリ: ヨーロッパ各国

ご飯を食べていたレストランから
ルールモントの城壁が見えるんですけど、
そのあたりに何やら中世の格好をした人たちが集まって
ブースを出したり、
人形を並べたりし始めていたので
ご飯を食べ終わったら行こうということになりました。


IMG_8554
城壁の前にベンチが並べられて、
人々が座り始めると、
おじいさんとおばあさんが演奏を始めました。


IMG_8564
オトナの方がワクワクしている笑
(私たちもその一部)


IMG_8567
いろんな人形をおじいさんが取り出して、
さまざまな動きで観客を楽しませてくれます。

この縞模様の人形は、
胴の部分がびよーんと伸びるのです。


IMG_8568
こんな感じ。


IMG_8571
カエルの人形。

オランダ語だったのではっきり分からないけど、
「キスをしたら王子になるよ」
みたいな感じでおじいさん操るカエルが
観客の女の子に迫って、
女の子が本気で嫌がってるのがかわいかった笑

年季の入ったお人形、
私も子供だったらちょっとこわいなぁと
思っただろうなと思います。
(NHKの教育番組の人形劇も、
 ちょっとこわかったりしますよね)

でもその怖さとか、こっけいさとか、
そういうのが子供時代に必要なんだろうなぁと
思いました。

オトナになると、
それを超越して楽しめる感じなのかな。
オトナの方がこの人形ステージに引き込まれていたのは
そんなことがあるからかもしれません。


先週の金曜日から両親が来ています。
4年前ドイツに初めて来たときに私がお土産で買った靴を
父が履いていて、
私もかわいいなぁと思って買ったやつだから
大事にしてくれていてうれしいんだけども、
新しいのを買ってもいいんじゃないかなぁーと思ったので、
オランダのルールモントに行ってきました。

日曜日はドイツのお店はほとんどしまってしまうので、
特にデュッセルドルフの日本の人などは
オランダのこのルールモントの
アウトレットに来ることが多いようです。

でもね、アウトレットを出てすぐの
ルールモントの町も素敵なんですよ。

町に入ってすぐに、

IMG_8543
こんなB&Bホテル兼レストランがあります。
町に入るたびに「すてきだなぁ」と思っていたんだけど、
この町に来るのは決まって寒い時期だったので、
テラスでご飯を食べる勇気がなかったのです。

この日は小春日和で、天気もとってもよかったので、
ついにここでご飯を食べることにしました。


IMG_8544
このときはお客さんはまばら。
でも私たちの後からずんずんお客さんが入って、
あっというまに満席になりました。

メニューは
オランダ名物のコロッケ、
パンケーキに
ハンバーガー、
サンドイッチなどなど。

ウェイトレスさんたちが若くて、素朴で、
とってもかわいらしかったー。
英語ももちろん通じますよ。

IMG_8549
奥がフェタチーズやオリーブの入ったサンドイッチ。
手前がトマトスープ。


IMG_8550
コロッケ。
付け合わせはポテトかパンを選べます。

IMG_8551
シーザーサラダ。
このサラダに乗っているチキンがおいしかったですよー!

写真にはきちんと載ってないけど、
ハンバーガーもお肉がジューシーでおいしかったです。

ご飯を食べているときに、
レストランから見える城壁の近くに、
中世の格好をした人がブースを出したり、
人形をたくさん持って集まってきているのが見えました。

「なんだか楽しそうなことが始まりそう!」
と思ったので、
ご飯の後にそちらに寄ることにしました。

その様子は次回!

De Pastorie






市場を抜けて、川の方に出てきました。


IMG_7210

マース川です。

川沿いにベンチと広い遊歩道。
ヨーロッパの川沿いはどこもゆったりとしたイメージです。

ベンチに座ってしばし休憩していたら、


IMG_7209
あれ、
なんか見える。


IMG_7211
ミッフィーストアでしたー。

マーストリヒトに来るときに、
友人の娘さんの誕生日にミッフィーストアで何か買いたいねー
と言っていたので、
偶然発見できてよかったです。

さんざん迷ってぬいぐるみを買いました。

さて、
さっきの川の写真でも見えていた橋、
聖セルファース橋というそうです。

元々は13世紀につくられた橋だそうで、
マーストリヒトの人々はこれがオランダで一番古い橋だと
信じているそう。

橋からの眺めです。

IMG_7212

IMG_7213

たくさんの人が橋を渡っていましたよ。

橋の向こうは駅に続いています。

私たちはすべて渡らず途中で引き返してきました。


IMG_7216


マーストリヒトは
歩行者天国の旧市街が広くて、
ゆったり歩きながら街歩きができて楽しかったです。

オランダの他の町も行ったけれど、
今のところ、一番落ち着いていて、
かつ便利さも美しさもあっていい町でしたー。


聖セルファース橋






さてさて、お昼です!

マーストリヒト観光情報を
ネットで調べたときに、
「オランダ料理らしくないものが
 食べられる」
と書いてあったところにしましたよー。

オランダ料理と言うと
コロッケとかフライドポテト、
揚げたお魚などが思い浮かぶのです。
もちろんおいしいんだけども、
たまには別のモノもいいかなぁなんて。

IMG_7201

おしゃれなたたずまいです!
入って正面がコの字型のバーになっていて、
窓際と壁際がテーブル席になっています。

お客さんは
40代から上という感じかな。
落ち着いた雰囲気です。


お店の入り口に「アスパラガス」と
あったので、私は迷わず白アスパラのスープに。

IMG_7197

ドイツのに比べて、
アスパラの味がするというよりは、
コンソメ味のシチューにアスパラが入っているという感じ。

でもスモークサーモンも入っていて
食べ応え十分。

これはこれでおいしいですねー。

旦那さんは、

IMG_7198

これ。
豚肉を焼いて細かく裂いたものが入ったバーガーです。

「こうやって開いた方が見やすくない?」
と旦那さん。

IMG_7200

写真写りをよくわかってらっしゃる。

お肉がやわらかーくて、
アメリカのバーべーキューソースみたいな
ちょっと甘めのソースがよく合います。

cafe de bobbel

お腹もいっぱいになったので、
さらに街を歩きます。

IMG_7203

市庁舎ですー。
IMG_7205
なんだかたくさんの人が
同じモノを食べてます。

IMG_7206

近くに行列の出来ているフライドポテト屋さんがありました。
さっきの人はここでポテトを買って食べてたみたい
ここはおいしいのかなー。

この広場では蚤の市も開かれてました。

IMG_7207

ガラス製品あり、


IMG_7208

アジアチックなもの屋さんあり?

ポテトを買って
食べながら市場を冷やかすのも楽しそうですねー。




マーストリヒトの町で有名なものがさらにありまして。

2008年イギリスのガーディアン紙によって

「世界で一番美しい本屋」10軒の1つに選ばれた
本屋さんがあるんですよ。

Boekhandel Dominicanen

という本屋さんです。

外見は

IMG_7192
これ。

教会か?
と思うたたずまいです。

それもそのはず、
700年前に建てられた教会をリノベートとした
本屋さんなのです。

中に入ると・・・


IMG_7193
こんな感じ。

教会独特の高い天井を活用した、
立体的な構造の作りになっています。


IMG_7194
2階から見た様子。

奥にカフェがあります。


IMG_7195

オランダの本屋さんだから
もちろんオランダ語の本が中心だけど、
英語の本の取り扱いもあり、
日本の本の翻訳バージョンなんかもありましたよ。
ジブリの本もありました!!

おしゃれな文房具もあって
(日本製のものもありましたよー)
見るだけでも楽しい。


私はここで、
しっかりした装丁で、
中が無地の日記帳に最適なノートを
2冊買いました。
(なんと2冊で9€くらい!!)

これからも絵日記を続けることが
決定しましたー・・・!!!

Boekhandel Dominicanen


このページのトップヘ