ドイツ、天然生活。

2016年5月から結婚を機にドイツ暮らしを始めました。 ドイツ語皆無の私がどれだけドイツに溶け込めるのか!? ただいま奮闘中です。

カテゴリ: ヨーロッパ各国

先週土曜日に、
日本からやってきた国境マニアのお友達と
オランダのとある田舎町に行ってきました。

デュッセルドルフから日帰りで行けるとこ、
バールレ・ナッサウと バールレ・ヘルトフの町です。
IMG_8351


名前が二つあるのには 訳があります。
オランダの町なんですが、
約76平方キロメートルの土地に
21ものベルギーの飛び地がある、
不思議な場所なんです。

ナッサウの方がオランダ領、
ヘルトフがベルギー領。
IMG_8347

濃い色の地域がベルギー領です。

――
継承問題で土地を譲渡しあった結果、
こんな風になったそうで、
1991年にベルギーオランダ間の行き来が
自由になったものの、

未だにいろいろあるらしく、
2国間で国境解消の話し合いもあったんだけど、
この地域を利用する住民の反対にあり、
未だそのままなんだそう。

街中には ベルギーとオランダの国境線があちこちに。
IMG_8342

お店に向かって消えていく 白い十字線が国境です。
人々は普通に行き来してて、
写真を撮る私たちを物珍しそうに見てました。
IMG_8348

オランダとベルギーの住所が 二つあるお家。

IMG_8350
ドアに向かって国境線が伸びてて、
ドアの左右に違う番号があるのが分かります?
これが住所ですー。

IMG_8346

このお家があるところの周り。
静か。
一応ウェブサイトとかにものってる場所なんだけど、
静か。


町はのんーびりとして、
観光客もほとんどいません。

IMG_8340

鶏が放し飼いになってた。


――
日本人にとって 国境って海とほぼ同じだから、
「国境を越える」ってすごいことに思えます。

でもこの町の人にとって 国境って ただの印みたいです。


IMG_8345
町のあちこちに、
こんな感じで「友好」をあらわすモニュメントがありました。

これだけ二つの国が入り混じってたら、
争いもなにも・・・って感じですね。


ここで嬉しかったのが、


IMG_8329
以前水ネズミのいたお城の町で食べた、
パンケーキのお店がここにもあったこと!

前はツナのピザみたいなやつを食べたんだけど、
今回はメキシカン風にしました。

やっぱりおいしい。


サッカー観戦に、
世界中飛び回っている
旦那さんのお友達がいるのです。

そのお友達が
「オランダに牡蠣食べに行きたいんです」
と日本からやってきたので、
オランダに行ってきました。


IMG_7106
待ち合わせたのは、
オランダのとある駅。

なんにもありません。

この駅の近くに、

「ヨーロッパの牡蠣は
 ここから出荷される」

というすごい場所があるらしい。

でもそんな感じは全くありません。


IMG_7105
Yersekeという街。

デュッセルドルフからこの駅まで、
海らしい雰囲気は全くないのですが、
地図を見ると海がすぐそばだと分かります。

旦那さんのお友達と無事に合流し、
海に向かいます。

7,8分ほどで到着。


IMG_7108
こんな小さなレストラン兼カキの養殖場です。


IMG_7107
看板の後ろには、
牡蠣のからがいっぱい!

レストランに近づくと


IMG_7110
たくさんの人!!!

日本人が多いです。

外にも待っている人がいたので、
お店の人から整理券をもらい
養殖場を見てみることにしました。


IMG_7112
四角いプールの中に
牡蠣の入ったかごがあります。

養殖場の後ろには、



IMG_7115
海が広がってます。

ここはダムみたいになってるらしい。
けど、立派に海です。


レストランの方に戻ってきて、
ショップに行きました。


IMG_7118
水槽の中に
新鮮な牡蠣や貝類が入ってます。

ムール貝を蒸すお鍋や、
レストランでも出しているスープ、
パンなども売ってましたよ。

さて、ついに私たちの順番が来ました!!!

「お待たせしちゃったから」

と無料で白ワインを人数分サービス。
忙しいお店なのに素敵な接待です。

外は小雨が降って寒かったので、
私はまずスープを。

IMG_7121

エビが入ったスープ。
エビ味噌の味が濃厚です。
パンが付いてくるので、
これだけでも結構満足。


そしてやってきた
シーフード盛り合わせ!!!!!!


IMG_7119

どーん。

普通写真はこういう風になってても、
実際出てきたらば
「あれ・・・?」ってなることも多いですけど、
これは実物もすごい。

生ガキに、
ロブスターに、
小さいエビに、
小さい貝に、
巻貝に、
ムール貝に・・・


ものすごい量です。

味付けはとってもシンプル。
パンについてくる
マヨネーズを付けてもおいしいですが、
塩味でゆでられてるので、
そのままでも十分おいしいです。

これで2人分。

旦那さんとお友達、
ぺろりと平らげました。


IMG_7126

お店に入るときは曇り空だったのが、
だんだんと晴れてきて、
養殖場とその向こうの海が
きれいに見えてきました。

デュッセルドルフから車で2,3時間。
ここは最高です。

アントワープに行ったら
絶対行ってほしいシーフード屋さん

その名も
Fish a go go
(いけいけさかなクン、と意訳します(#^^#)
IMG_6231

今年の冬、
初めてアントワープに行ったとき、
ちょっといいレストランでたらふくムール貝を
食べて帰る途中に、
店じまいをしたこのお店の前を通り、

「ここ気になるねぇ」

って旦那さんと言ってたのです。

かくして今回、
ここにやっと行けました。

すごい人で、
席も立ち食いがほとんど。

二階にはテーブル席もありますが、
いっぱいいっぱい!

だけど少し待って
ちょうど調理場の向かいの席が空き、
皆で座って食べることが
できました。

生の牡蠣に
IMG_6224

ベルギー名物のコロッケを
超贅沢にエビたっぷりにしたり、
IMG_6227

もちろんグリルエビも、
IMG_6228

アントワープ名物
蒸しムール貝も、

IMG_6230

海の幸がなんでも食べられます♡

狭い調理場、
1つの鉄板で全部調理して、
IMG_6225

きっとタレも1つしかない。
でもそれがすーごいおいしい。

白ワインがとまりませぬ。

市庁舎広場の近く、
アントワープのどまんなか。
ものすごいちっちゃい店だけども、
すごい人だかりです。

英語ももちろん通じます★

さて、前日はビール祭りを堪能した私たち。


ホテルで朝食付きプランに

しなかったので、

チェックアウトしてから町に

朝ごはんにでかけました。


アントワープ在住のお友達に

おいしいパン屋さんを教えてもらったのに、

なんと閉まっている!!!

しょうがないので、近場で探すことに

しました。


すると、

まっさきに見つかったのがここ。



ローカルストア=地元の店

とな。


これは入るしかないじゃないですか。



店内はとっても広くて・・・


IMG_6207
思い思いの場所でくつろげそう(#^^#)

お店では雑貨も販売。

食材以外にも植物や食器など、

おしゃれなものがあります。

キャッシャーのところには、
おいしそうなハムやチーズ、総菜が(#^^#)
IMG_6204

テイクアウトもできるそうですー。


まずはコーヒーやチャイなどを頼んで・・・



チャイはちょっとぬるかったけども、

味はおいしかった(#^^#)


柔らかいクッキーみたいなのが

ついてきました。

これがおいしかった!!


手作りの優しい味がしました。



朝ごはんに選んだのはこれ。

オムレツなんですけど、

フライパンにじゃーっと卵を流して焼いた

シンプルなもの。


ベルギーの家庭の

朝ごはん、なのかな。


素朴でほっとする感じでした。


男性陣は

パン3つに、

ハム、チーズ、卵サラダ、ジャムの盛り合わせの

「ザ・朝ごはん」セット。


ハムもチーズも、

お店のショウウインドウにおいてある

新鮮なものをスライスして

出してくれます。


これおいしかったー!


さすがに食べきれず、

テイクアウトをお願いしたら、

紙袋に入れてくれました。


お店の人たちはみんな若くて

感じのいい人ばかり(#^^#)


近所にあったら

週1とかで行くだろうなぁ。


外で朝ごはんって楽しいですよね(#^^#)

先週末、

ベルギーアントワープに

再び行ってきました。

 

というのも

9月30日、10月1日の二日間、

アントワープの

De Koninckというビールの醸造所で

ベルギーのビール祭りがあったからなんです。


そもそもここに行くことになった経緯が
ちょっとおかしくて。

日本人ソフトボール大会の前日、
旦那さんのチームは必ず韓国料理屋さんで
飲み会するんですよ。
そこでしこたま飲んで、
その後二次会。

さらに飲んで酔っ払っているときに、
このビール祭りに行った人が

「この祭りはすごいんだ」

というので、

「じゃあ行こう!」と

旦那さん、私、もう一人のお友達が即決。

なんですが・・・

その翌日、お友達から

「アントワープ行きますか?
 それなら有給とります」

みたいな連絡が来て、

「そういえば、『アントワープ行こう!』って
 盛り上がってたけども、どうして
 そうなったんだっけ」

と旦那さんと私、理由を度忘れ。

「ビール祭りはあるって言ってたけど、
 わざわざアントワープに行こうって
 思うほどのものなんだっけ・・・?」

と正直思いながら、
当日となったわけです。

で、当日。
お昼にデュッセルドルフを出て、
途中渋滞もあったので4時くらいにアントワープに到着。

IMG_6152


大雨がちょうど上がって、
会場には長蛇の列ができてました。

もともと、

「どうしてこのビール祭りに
 来たいんだっけ?」

と思っている私たち。

「なんか・・・こんなに待つなら、
 祭りじゃなくてこの醸造所直営店に
 行かない?」

と列に並んでぶぅぶぅ。

「いやでも、
 あの日に『行こう!行こう!』って
 あれだけ盛り上がったんだから、
 きっとそれだけの価値があるはずだ」

と自らを励ましつつ、

結局1時間待ちで会場にやっと入れました。

IMG_6153


かくしてお祭り会場。


倉庫のような会場には、
ベルギーを代表する醸造所のブースがひしめき合っています。


 

入り口で3€のビールグラスを買い、

それぞれの銘柄のビールは

1€で入れてもらうことができます。

 

それぞれの銘柄の人たちが

自信をもって提供してくれますー。

 

外にも広場があって、
すれちがうのも大変なほどの賑わい!


テントの中で飲み食いできる場所もあれば、
IMG_6157

サラミ
IMG_6159

コロッケ、

IMG_6165


ハンバーガーやポテト
IMG_6161

などのフードトラックも充実。

軽食と一緒にビールを楽しむことができます。


 

もともとこのビール祭りの話を聞いたときには

 

「De Koninckのビールだけを飲む

 小さな祭りなのかな」

 

と思っていたのですが、

予想を超える充実ぶりで、

 

「来年も来よう!!!」

 

と早々に決めました笑

 
IMG_6158

このページのトップヘ