ドイツ、天然生活。

2016年5月から結婚を機にドイツ暮らしを始めました。 ドイツ語皆無の私がどれだけドイツに溶け込めるのか!? ただいま奮闘中です。

カテゴリ:簡単!美味しい!レシピ > 前菜

小さな頃、母がよく作ってくれたじゃがいもとハムの炒め物。
お弁当の副菜にももってこいなので、こちらに来てちょくちょく作っています。
ドイツといえばじゃがいもですし、安く手に入る材料でできるので嬉しい。

材料
じゃがいも 大1個
ハム 2枚
塩・コショウ
カレー粉 大さじ半

作り方
①じゃがいもは皮をむき、少し粗めの千切りにする。
油を引いたフライパンで軽く炒める。



IMG_1204

②同じくらいのサイズに切ったハムを投入。さらに炒める。
IMG_1205

③塩コショウで調味し、最後にカレー粉を入れてさっと炒め、完成。
IMG_1206

味見をして物足りなければ、ほんの少しおしょうゆを入れるとコクが出ます。

IMG_1207

ちなみに今うちにはカレー粉がないので、代わりにマスタードで炒めてます。
これはこれで、おいしいです。


日本からのお土産を持って、ギゼラおばあちゃんに会いに行きました。
おばあちゃん、かわいい赤いマフラーをしていました。

IMG_1172

おばあちゃんのサラダ、いつもすごく美味しいんですが、秘密はこの写真でおばあちゃんが作っているドレッシングにありました。
分量はその日によって違いそうですが、材料は以下のとおり。

材料
バルサミコ酢(トロリとしたやつ)
オリーブオイル
ディジョンマスタード
塩胡椒

作り方
材料を味を見ながら混ぜる!
IMG_1173


レシピになってないですね笑
だいたい、
オイル1、酢3、マスタード1、塩胡椒適量みたいな感じで、あとはお好みで増減する感じです。

今日のおばあちゃんごはんは、
IMG_1177


美味しいサラダとパン

IMG_1182


チコリとハムのグラタン
(チコリの苦味がクリームと合う!)

でした。

いつもながらお見事なメニューです。

余談。

おばあちゃんは赤と黒が好き。
携帯もペンも赤と黒。

IMG_1175


額も赤と黒。

ちなみに猫さんの絵は、前にブログに書いた、
おばあちゃんのお友達のエルケさんの孫、ミケちゃんが描いた今は亡き雄猫レオの肖像画です。

カリフラワーのポタージュが食べたくて、
カリフラワーを買いました。

IMG_0598


なんで食べたくなったのか?
わかりませんが、いそいそ作ります。

材料
カリフラワー 一房
玉ねぎ 中一個
コンソメや和風だしなど 合わせて大さじ3
塩胡椒 適量
バター 10g
牛乳 500ml

作り方
①カリフラワーは小房に分け、柔らかくゆでる。
玉ねぎは薄切りにし、バターを溶かしたフライパンで薄く色づくまで炒め、冷ましておく。

②茹で上がったカリフラワーの水気を切り、
玉ねぎ、牛乳と一緒にミキサーなどでスープ状になるまで混ぜる。

③鍋に②を入れ、コンソメ、だし、塩胡椒で調味する。スープの濃さは牛乳でお好みの状態に伸ばしても可!

牛乳をカリフラワーに対して少なめに、ピューレ状に仕上げたとしたら、翌日美味しいアレンジができます\(^o^)/

IMG_0599


冷やご飯、カレールーを加えて、リゾットに。

こっちが美味しくて美味しくて。

今日も寒いですね。
寒いといえば、焼き芋。
韓国スーパーで日本っぽいさつまいもを買ってきてあったので、
焼き芋を作りました。

さつまいもを洗ってキッチンペーパーを巻き付け、
水で濡らしてぴったりさせます。
さらにアルミホイルを巻いて、
ノンフライヤーで200度、25分。
串が通ったら出来上がり!

焼き芋初心者の、日本語生徒さんももりもり食べました。

焼き芋は甘い。
甘い物を食べるとしょっぱいものが欲しくなります。

きゅうりを買ってきてたので、きゅうりの醤油漬を作りました。

きゅうり3本はちょっぴり厚めの輪切りに。
塩を小さじ1ほどふりかけ、もんで30分おきます。 
鍋に
醤油100ml、
酢25ml、
はちみつ大さじ1、
酒50ml、
唐辛子半分、種を取ったもの、
しょうがひとかけを千切りにしたものを合わせて沸騰させて火を止め、
そこにきゅうりを軽く水にさらしてしぼったものを入れて蓋をし、自然に冷まします。
完全に汁が冷めたら出来上がり!

おやつにぽりぽり。

夕飯には炊きたてごはんともりもり。

今日も美味しいものが食べられて、幸せです。 

トルコ料理のお店やギリシャ料理のお店で食べられるパセリサラダ。
image

いつもはメインディッシュの脇役のパセリ。
単なる飾りと思っている人と、「じつは大好き!」という人、両者いると思います。

私はパセリが大好き!レストランでパセリを避ける人がいたら、もらっちゃいます。
パセリは野菜の中でも鉄分やビタミンCがたくさん入っている優秀食材。
貧血気味だけどレバーはいや、っていう人にオススメです。

材料
パセリ 一袋(片手で茎を一つかみできるくらい)
きゅうり 一本
トマト 一個
塩 小さじ3
酢 大さじ2から3
胡椒 少々

作り方
①きゅうりは1センチ角に切る
image

②トマトも同様に。
image

③パセリは茎から葉のみを取るか、葉が生えている辺りを茎ごとざく切りにする。
image
今回はイタリアンパセリにしましたが、オリジナルは普通のパセリでした。
④調味料を合わせて和える。

食べる20分位前に作って冷蔵庫に保存し、食べる直前に出せば味がなじんで美味しいです。
肉料理を食べるときには口も体もすっきりするようなサラダです\(^o^)/

このページのトップヘ