ドイツ、天然生活。

2016年5月から結婚を機にドイツ暮らしを始めました。 ドイツ語皆無の私がどれだけドイツに溶け込めるのか!? ただいま奮闘中です。

カテゴリ:簡単!美味しい!レシピ > メイン

大学の時の恩師がデュッセルドルフに来て、
恩師の同僚の方と時々持ち寄りパーティをする習慣が
できました。

初めての持ち寄りパーティで出たメインが
とっても美味しくてレシピを聞き、
それから早速うちでも2回も作っています。

IMG_6074



材料はちょっと多いですが、
手間はかからず、
凄ーくおいしいのですー。

余ったらお弁当のおかずにもなります(#^^#)

もしよかったら、
下のリンクよりレシピをご覧くださいねー。

https://cookpad.com/recipe/4729185

アツアツのオーブン焼きは、
これからの季節にぴったりですね★

このあいだおばあちゃんのところに行ったときに
出てきたメイン。


IMG_4565
ズッキーニのグラタン!

テーブルセッティングをお手伝いしているときから、
家中においしい匂いが立ちこめていて、
とっても楽しみだったこのお料理。

すごくおいしかったので、レシピを聞きましたよ。

材料(6人分)
ズッキーニ 6本
ハム もしくは太めのソーセージ 300g
生クリーム 200ml
モッツァレラチーズ 200g
パルメザンチーズ ひとつかみ
にんにく 2かけ
乾燥バジル 適量
塩コショウ 適量
小麦粉 適量

①ズッキーニは7mmくらいの輪切りにする。
②お皿に小麦粉をしき、そこにズッキーニを載せる。
 小麦粉が接してない面に塩コショウを振り、ひっくり返して小麦粉をつける。
③フライパンに油を熱し、ズッキーニにいい感じの焼き色がつくまで焼いて取り出す。
④耐熱皿に角切りにしたハムを敷く。
⑤その上に薄切りにしたにんにくと、乾燥バジルをちらす。
⑥さらにズッキーニを敷く。
⑦パルメザンチーズをおろし、生クリームと合わせてどろっとするまで混ぜる。
⑧⑦を耐熱皿に流しいれ、さらにモッツァレラチーズをちらす。
⑨200度のオーブンで25分から30分、焦げ目がつくまで焼く。

おばあちゃんのレシピなので、
適量、が多いです。
乾燥バジルは大匙4から5くらいかなぁーと思います。

ソーセージは、魚肉ソーセージみたいな触感のやわらかいもの。
でもご贈答用の大きなハムとかでも代用できると思います。
塩気の少ないものがいいかなぁ。

ズッキーニがおいしい季節に食べてほしい料理です(#^^#)

この間、ギゼラおばあちゃんのうちに行ったとき、 「残り物なんだけど、美味しくできたから食べてみて?」 と彼女が出してくれたグラタン。 ザワークラウトと、じゃがいも、ソーセージといういかにもドイツな食材が一緒になったこの料理、 同じ組み合わせの盛り合わせは食べたことはありますが、それが重なって出てきたら、新しい味に! 材料さえ手に入れば、簡単にできるので、ぜひ試してみてください!
IMG_1256
材料 じゃがいも 大4個 玉ねぎ 大半分 ザワークラウト 400グラム ニュルンベルガーソーセージ 10本 バター 40グラム 牛乳 50ml チーズ 2つかみ 塩、胡椒 ①じゃがいもは柔らかく茹でて皮をむいてつぶし、バター、牛乳、塩胡椒で粗いマッシュポテトを作る。 ②玉ねぎはごく荒いみじん切りにし、斜め切りにしたソーセージと一緒に色よく炒め、塩胡椒をする。 ③耐熱容器にマッシュポテトの半量を敷く
IMG_1246
④そのうえにザワークラウトを敷く
IMG_1247
⑤そのうえに、②の炒め物を敷く
IMG_1250
⑥もう一度マッシュポテトを敷く
IMG_1251
⑦チーズを振りかけ、120度のオーブンで40分ほど焼き、
その後200度に上げて5分から10分、表面に焦げ目がつくまで焼く。 ザワークラウトは輸入食料品店で、 ニュルンベルガーは、 ハーブが入ったソーセージで代用できますよ。

昨日に引き続き、豚の塊肉レシピです。
仕込んでから3日かかりますが、この美味しさは待つ価値がありますよー!!!
がっつりお肉にネギ塩の味が絡んで、ごはんがこれほどか!というほど進みます。
時間はかかりますが、プロセスは簡単^^

材料(2人分)
塩豚
豚塊肉 250g
塩 大さじ2

ネギ塩
ネギの青い部分 1本分
鳥ガラスープのもと 小さじ1
にんにく 1かけ
塩 小さじ2
ごま油 大さじ1から2

お米 2合

作り方
①豚の塊肉に塩を揉み込み、キッチンペーパーで包んだあと、ラップで包む。
②キッチンペーパーを毎日かえて、3日間冷蔵庫で寝かせる。
③普通に研いだお米の上に塩豚を置き、普通よりちょっとだけ多い水加減で炊く。
image
④ごはんを炊いている間にネギ塩の準備。ネギは小口切りにする。

image
⑤にんにくをみじん切りにし、ネギに混ぜる。

image
⑥さらに調味料を加え、混ぜて冷蔵庫で寝かせる。
image
⑦ごはんが炊き上がったら、豚肉だけ取り出して薄切りにする。
image

⑧お皿にごはんを盛り、薄切りにしたお肉をのせる。
image

⑧ネギ塩をのせてできあがり!!
image

ネギ塩は普通に豚の薄切りや鳥肉を炒めた上にのせて食べても、
薄切りにした豚肉と一緒にポリ袋に漬けておき、それを焼いても、ラーメンにのせても、美味しいですよ^^
塩豚も、そのまま焼いても美味しいんですが、こうやって食べるのが一番美味しいので、うちではいつもこうしてます。

ドイツは肉が美味しいです。
特に美味しいのが、豚肉。
スーパーにも安価なのに大きくて美味しい豚肉の塊が売っています。
だいたい500gくらいなので、これを買ってきては半分に切って、一つは塩をまぶして塩豚に、そしてもう一つは味噌漬けにします。
両方とも食べられるまで少し待ちますが、そのまま食べるよりはるかにおいしい料理を作ることができます。
もしスーパーで筋の入っていない豚の塊肉が手に入ったら、作ってみてください^^

材料
豚の塊肉 250g
味噌 大さじ2
にんにく 薄切り 3~4かけ分

作り方
①ラップを広げ、味噌を全量とって載せる。半分の量を豚肉の大きさに広げる。image
②薄切りにしたにんにくの3分の1の量を味噌に散らばす。
image
③肉を載せる。
image
⑤脇に避けてあった味噌を豚肉の上面と側面に塗る。
image
⑥残りのにんにくを上面と側面に貼り付ける。
image
⑦ラップで包んで冷蔵庫で1晩から2晩寝かせる。
image

水分が染み出てくるので、ラップはしっかりと巻くこと。

1晩から2晩でしっかり味が染み込みます。
使うときには薄切りにして。
味噌をとり、衣をつけて上げればとんかつに、味噌をつけたままキャベツや玉ねぎと炒めてホイコウロウに、
はたまた細切りにしてピーマンと炒めたらチンジャオロース風に。
もちろんそのまま焼いて食べても美味しいです。

漬けているうちにお肉が柔らかくなって、さらにジューシーになります^^

このページのトップヘ